地域, 政治, 経済そして音楽・・・浅輪がんぽおのブログ

ganpoe.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 08日

2月10日 三軒茶屋カフェ・オハナにて 出前講座「自然エネルギーを選べる、いまの日本で」

「自然エネルギーを選べる、いまの日本で」

三軒茶屋のカフェオハナのご好意で、
自然エネルギーのイベントを企画しました。

金曜日10日の夕方です。

カフェオハナは、有機野菜など使ったレストラン、および、自然食品やらオーガニックコットンやら
いろんなものを販売しているお店です。

今回は、被災地での自然エネルギーを通した復興事業を行っている
つながり・ぬくもりプロジェクトの事務局長、
また、ISEPの顧問などされている竹村英明さんをお呼びして、
いま、個人が自然エネルギーを選ぶのにはどんな方法があるのかな、というのを
お聞きします。

飯田市のおひさまプロジェクトの創設にも関わっておられました。

日本でたとえば、スウェーデンのように、
「電気を選べる」ということになったら、それは具体的にはどういうことなのか、
ご興味がありましたら、お越し下さい。
お知り合いにお声がけなどもしていただけたら光栄です。

よろしくお願いします。

=============
えねぱそ出前講座「自然エネルギーを選べる、いまの日本で」

電力自由化しないと、
個人で自然エネルギーを選択することはできないといわれます。
現在の日本では電力会社は地域独占なので、自分で好きな発電方法を選ぶことはできない...
 のでしょうか?

実はいまの日本でも、いくつかの方法があります。

たとえば・・・

1.発電機を自分で付ける(独立型)
2.PPS
3.ファンド
4.グリーン電力証書
5.とにかく、省エネ

それぞれ、どんなものか、詳しく知りたくありませんか?
長野県飯田市の自然エネルギープロジェクトの立ち上げに関わったり、
エナジーグリーン社で多くのファンド、グリーン電力証書の事業に携わってきた竹村英明さんが、
個人として「エネルギーを選ぶ」方法について語ります。

とくに、あらたに登場した個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」を会場で購入もいただけます。
グリーン電力証書は、世田谷区が採用して最近話題のPPSと似た仕組みがありますが、
化石エネルギーが多いPPSと違い、自然エネルギー発電所に限定して、
自ら環境価値を選びとることが出来るシステムです。
みなさま、エネルギーシフトに向けて、ぜひ考えをわかちあいましょう!

日時:2012年2月10日(金)19時30分~21時30分
場所:世田谷区三軒茶屋 カフェ・オハナ
【住所】東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
【TEL/FAX】(03) 5433-8787
http://www.cafe-ohana.com/access.html
【入場料】無料(飲食1オーダー)

プロフィール

竹村英明(たけむらひであき)

環境エネルギー政策研究所顧問/エナジーグリーン株式会社副社長
1951年広島生まれ。横浜市立大学卒業。
衆参の議員秘書や国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンのスタッフを経て、2004年より環境エネルギー政策研究所。
飯田市でのおひさま進歩エネルギー事業立ち上げを担当した後、㈱自然エネルギー・コム(エナジーグリーン株式会社の前身)でグリーンエネルギー証書事業を担当。
3/11東日本大震災と原発事故後に「えねぱそ」を考案。
同時に「eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」アドバイザー、「つながり・ぬくもりプロジェクト」の事務局長。

個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」について→
http://www.ene-paso.net/

※また、当日、自然エネルギーで被災地支援を行っている
つながり・ぬくもりプロジェクトへの支援金を募集しています。

お問い合わせ:090-9965-2374 (あさわ)

主催:世田谷エネルギーシフト55
協力:えねぱそパートナーズ
[PR]

by ganpoe | 2012-02-08 14:09 | Social or Economic


<< 生の地域 をめざして      下北沢周辺の小田急線あとちを、... >>