地域, 政治, 経済そして音楽・・・浅輪がんぽおのブログ

ganpoe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:MY Music & LIVE( 21 )


2012年 08月 31日

翻弄されてる 蒸気の文明 とどまらず

最近さっぱりしていないのだが、実はソングライターなのだ。
これは、記録によると、2006年1月に書かれたうたです。
311のあと、ふと思い出して、始めてライブでうたったことがある。

メロディが大して面白くないので、ほぼ没にしていたのだけど、文明に果たした「蒸気」の役割、
大友克洋の「スティームボーイ」辺りの影響もあったように記憶。
311の後に、一度はうたうべきもののような気がした。


蒸気

EBC#m
工事現場から現場へと渡って行く
AG#mF#m
住所も経歴の謎のままの歩兵たち
EBC#m
鉄骨を肩に抱え、太陽に強く照らされて
AG#mF#m
作業用に架けられた橋の上を行く

空き瓶がいくつも転がった曲がり道
あきらめたようにおののいた宿舎の前
通りがかりに拾ってきた写真の父
とっくに男はその年を越えていた

(Cho)
逆流して行く 蒸気の圧力 よどみなく
石炭、石油、水素、ウラン区別無く
翻弄されてる 蒸気の文明 とどまらず
職人、支配人、誰もを振り回す


海を遠く渡っている、何ヶ月もかけて
どの港に戻ろうとも、そこには家は無い
曲がりくねった林に向かう道
そこだけには帰って行きたい

(Cho)
逆流して行く 蒸気の圧力 よどみなく
石炭、石油、水素、ウラン区別無く
翻弄されてる 蒸気の文明 とどまらず
職人、支配人、誰もを振り回す


真夏の真っ盛りに紺のスーツ着て
予算と契約条件をすり合わせ
のめり込んでく法律逃れのすべ
スーツを丸めて、ゴミ箱に捨てた

(Cho)
逆流して行く 蒸気の圧力 よどみなく
石炭、石油、水素、ウラン区別無く
翻弄されてる 蒸気の文明 とどまらず
職人、支配人、誰もを振り回す

早番、遅番、夕番、いつ入ろうとも
暗闇の底の部屋にこもる性愛
息が上がりきるまでサービス続ける
欲望を吸い上げ死に至る器械

(Cho)
逆流して行く 蒸気の圧力 よどみなく
石炭、石油、水素、ウラン区別無く
翻弄されてる 蒸気の文明 とどまらず
職人、支配人、誰もを振り回す
[PR]

by ganpoe | 2012-08-31 01:27 | MY Music & LIVE
2012年 08月 28日

最終形のしおり

最終形のしおり

最終形のしおり、しおり
忘れるべきでない、時と場所に挟む。
最終形のしおり、しおり
歓喜の元で、おお、命を焦がせ。

電線の上に並んでいるツバメたち
飛び降りて泥水から虫をすくう。
太陽は正午に南に上り
誰も燃える体を無視できない。
散り続ける桜の花は恐ろしく
夜中には誰も近づくものいぬ。

すべてが生きることに飢えている。
自然の中でもてあそばれながらも。

最終形のしおり、しおり
忘れるべきでない、時と場所に挟む。
最終形のしおり、しおり
歓喜の元で、おお、命を焦がせ。

君がはじめた新しい事業を聞いた。
その計画には、私は含まれてますか?

神や仏は何か恵みをもたらしはしない。
ただ正しいと思うことを行う勇気だけ。
過去を振り捨てて進んだのはいつ?
そこには君を助ける人はいたの?
きっとそのとき、君を取り囲んでいた
すべての樹木は太陽に輝いてただろう。

最終形のしおり、しおり
忘れるべきでない、時と場所に挟む。
最終形のしおり、しおり
歓喜の元で、おお、命を焦がせ。

私は驚いた。君の人生の決め方に。
瞬間に決定した道に進んでいく。
暗闇に立ち並ぶ石造りの
建物はうっそうと生い茂って。
通る者をおびえさせてはいたが、
君の飢えた心には美しく見えた。

風が始まる場所はどこだろう?
もしかしていつも自分から吹くのでは。

最終形のしおり、しおり
忘れるべきでない、時と場所に挟む。
最終形のしおり、しおり
歓喜の元で、おお、命を焦がせ。

作詞作曲:浅輪剛博
[PR]

by ganpoe | 2012-08-28 09:15 | MY Music & LIVE
2009年 06月 07日

快晴ピュアロード、エンドレスライブ

イヤー、天気がよかった。 よかった、よかった。

ピュアロードフリマ。

何人の人に会えたか分からない。何曲やったか分からない。

ハレルヤ、当然歌った。レナード・コーエン作曲だが、ジェフ・バックリー風のアレンジで。
それから、シモキタ界隈の売れてる、売れてないミュージシャン、しかし、すべて気骨の入っているミュージシャン集まって、セッションから、セッション。

和気優からラピスまで。

ありえない。

で、肝心なフリマは?  うちわが売れました! ありがとう、太陽様。

とはいえ、最大の収穫は、一緒にフリマを出してくれた人たちとの新たな交流が持てたこと、それから、もちろんシモキタ界隈のミュージシャンの結束がまた強まったことだろう。今後の新たな展開に期待!

 
e0020865_23373618.jpg
e0020865_23382688.jpg
e0020865_23383951.jpg


しかし、浅輪がんぽお自身がでてこないが・・・自分で写真取ってるからしょうがないか!

がんぽおは、ギターにピアニカ、あらゆる民族楽器系打楽器と大活躍・・・でした。

カバーもオリジナルも絶好調・・・でも、リズムは狂ってほかの人はあわせにくそうな感じ・・・気持ちが入っても揺れないように。特訓、特訓。 ちょっと音楽に専念させてもらいます。

あと、まち歩きに参加してくれた人もきてくれたし、久しぶりにあった元同僚もいたし、話を聞いて、今度の13日(土曜日)のまち歩きに参加してくれる、という人もきてくれたし。ね、シモーヌ?

最高の一日。汗かきまくった。楽しかった。ね、志田さん、ヘルベルト!

私の記憶する限り、やった曲。(何か逃しているのがあったら、付け加えてください、コープレーヤー達よ)
========
下北沢の街角で (浅輪 がんぽお)
壊れた舗道
風が行く
聖誕祭
ハレルヤ(レナード コーエン)
Amazing Grace (Traditional)
Help! (Lennon / McCartney)
No Woman No Cry (Bob Marley)
Dancing In the Dark (Bruce Springsteen)
I Still Haven't Found What I'm Looking For (U2)
Like a Rolling Stone (Bob Dylan)
I Shall Be Released
Lili Marleen (Marlene Dietrich)
O Vreneli (Swiss Traditional)
ねこふんじゃった (???)
チューリップ (???)
The Internationale (Pierre Degeyter)
平和に生きる権利 (Victor Vara)
アモーレ下北 (志田歩)
Love is a Mystery
光りの中へ
ハッピーエンドを蹴飛ばして
コクハク(和気優)
天上天下唯我独SONG
Hey Joe! (Jimi Hendrix)
Stand By Me (Ben E King)
Don't Look Back in Anger (Oasis)
Sin Ti No Say Nada (Ami Christmas)
皆殺しのバラード(山口冨士夫)
Invention a 2 Voix no. 1 (Johann S. Bach)
no. 13
no. 15
平均律クラヴィア 前奏曲1
禁じられた遊び(Narciso Yepes)

...... もうさすがに忘れた・・・ (この2倍くらいかな?)

しかし、まさになんでもあり。
[PR]

by ganpoe | 2009-06-07 23:42 | MY Music & LIVE
2009年 05月 06日

金沢 ぷかぷか 5月5日ライブ

北陸、金沢に行きますが、金沢芸術村を始めとして、たくさん興味ある場所があります。

金沢大学で教えている友人とともに、早速、浅輪がんぽおの弾き語りライブの決定!

フォーク酒場ぷかぷか
http://www.puka-puka.com/

といっても、オープンマイクなんですけどね。
金沢の友人・知人をかき集めて、ブッキングできないか、現在、連絡中!

しかし、このシステムはおもしろい。
http://www.puka-puka.com/menu.html

いや、金沢は本当に面白そう!
楽しみ

==========
金沢のフォーク喫茶風のところで、フォークロックを奏でてきました。

こんな感じの曲をやりました。

スローバラード (RCサクセション)
Dreyfus Eyes (浅輪がんぽお)
触れ合う手 
太陽とうた 〜Melody and Sun
平和のうちに生きる権利 (ビクトル・ハラ)

乞われてまたステージの上に立ち・・・
e0020865_1415566.jpg


モナムーア (浅輪がんぽお)
Hallelujah (レナード・コーエン 〜ジェフ・バックリー・バージョン)
今夜だけは (浅輪がんぽお)
Stand By Me (ベン・E・キング)
風が行く (浅輪がんぽお)
スローバラード (RCサクセション)

後半は、お酒に酔ってぼろぼろでしたけど・・・

今回は新曲も多く(金沢市民には全部新曲ですけど・・・)あと、カバーも多かったので、新鮮でした。

大学のときの級友で金沢大学で地域経済学を教えている人も駆けつけてくれ、本当に楽しい夜を過ごせました。「浅輪さんと話してるよりも、ずっと言いたいことがうたで伝わりました!」ですって。巧いこと言ってくれますね!私が心を伝えますので、学術論文で頭脳を伝えてください!また、あいましょう!赤ん坊、大切にかわいがってあげてね。

マスターの丸山さん、暖かい声援を注いでくれたお客さんのみなさん、突然乱入させていただいた共演者のみなさん、ありがとうございました!

夜遅くまで、初めてあったみなさんとさんざん話し込み、歌い合い、金沢最高です!

また、絶対来ます! 下北沢にお越しの際は、ぜひ連絡してください!
[PR]

by ganpoe | 2009-05-06 08:39 | MY Music & LIVE
2008年 12月 28日

流行の文化と交流の文化

経済的、政治的に「シリアス」かもしれないけど、そういうときこそ、
「文化」が本当に試される。

昨日、西荻駅前でギターで歌っていましたが,約2名の子供が親の手を止めて,聞いてました。

でも,99%の人はただ通り過ぎてましたが(笑)。

ほかの人に合わせる=流行 と言う文化じゃなくて,
ほかの人に会わせる=交流 と言う文化。

(あ,我ながら,これ巧い語呂)

何なんだろうな,人間社会って。

と大げさなことを言っておりますが,寒すぎて,3曲半で撤退。半分だけ歌われた,あのうた(跳ぶ人)が可哀想。

http://www.myspace.com/ganpoe
[PR]

by ganpoe | 2008-12-28 12:00 | MY Music & LIVE
2008年 12月 25日

聖誕祭

聖誕祭 

(Cho)
G G/F# Em C
今日は聖誕祭、おお、クリスマス、
Am Bm
おお、クリスマス。
G G/F# Em C
馬小屋での誕生、おお、クリスマス、
Am Bm
おお、クリスマス。
Am Bm
今日はあのナザレスのイエスってのが、
C Cm G
この世にいたことを思い出す日さ。

G G/F# Em C D
宮殿より野に咲く百合の方が美しいと言った。
G G/F# Em C D
金持ちの神殿をぶち壊し、貧しきを救おうとした。
D/F# C
世の中を全部ひっくり返した。
D/F# C
今では、権力者にその名を使わされてる。
Em Am
よくある話だろ。
B Cm D
イエスの生まれを唄おう。

(Cho)


G G/F# Em C D
追手が放たれた。彼の身代わりとなった赤ん坊たち。
G G/F# Em C D
川のほとりで声が響いた。光と共に。
D/F# C
新たに生まれる力のためさ。
D/F# C
今では、迫害の試しに使わされてる。
Em Am
よくある話だろ。
B Cm D
イエスの生まれを唄おう。

(Cho)

G G/F# Em C D
「さあ、一人になって考えてみろ、俺についてくるか?」
G G/F# Em C D
神の子という男が漁師と物売りに聞く。
D/F# C
「私を信じ、掟に従うのか。それが君に与える契約だ。」
D/F# C
今ではロマンティックな事のように考えられてる。
Em Am
よくある話だろ。
B Cm D
イエスの生まれを唄おう。
(Cho)

2006 Takahiro Asawa
[PR]

by ganpoe | 2008-12-25 11:59 | MY Music & LIVE
2008年 02月 12日

Save the 下北沢 Night Vol.4 レポート

Save the 下北沢 Night Vol.4 レポート by 浅輪

雪の中、アスファルトの黒い夜道が白く変わった頃、「Save the 下北沢 Night Vol.4〜あゆむ街」が始まった。

文化発信基地としての下北沢という特徴を守り続けると誓うお店、Never Never Landの新しいオーナーにSave the 下北沢代表の下平氏が就任されるのを祝ってだ。

そこで私が思ったのが、音楽だけ、芝居だけ、とかいうのではなく、下北沢の文化の特徴として色々な異業種が集まってまさに異文化交流する、そのミクスチャーの中から、新しい刺激的な文化が、それぞれの違う分野において出てきている、という特徴だった。

私は、音楽だけでなく、トークや、映像やダンスやいろんなものの混じったイベントを行いたいと言った。また、ゲストを呼ぶだけでなく、Save the 下北沢のメンバーだけでこれだけの催しができる、というのも示したかった。

そして、まさに異文化交流ともいえる "Save" のメンバーのみを中心としての、音楽と映像の集まりという企画が生まれたのだ。

オープニングは浅輪がんぽお=私に、パーカッションの葛飾ボンゴロウが加わったDuo。当日風邪をひいてしまっていた私は、頭の中がぐっちゃぐちゃ。最初の数曲は、かなり不満が残ったが、3曲目の途中で、マイクスタンドをギターで張り倒すハプニング!それからはやけくそ状態。それなりのハイテンションで最後まで持っていけた。ま、楽しければいいじゃない・・・共演の葛飾さんともぴったりあっていたし。

その次に映像。機材の関係で当日上映順番が代わったが、2番目に流されたのが、現在上映中のドキュメンタリー映画『東京ソーダ水』の予告編。そして飯塚監督ご本人のご挨拶。映画に出演している "Save" メンバーの荒木さんも並ぶ。東京に住む8人の女性の人生が変わった瞬間をとらえた映画。しかし、その予告編の中でもなぜか下北沢商業者協議会の大木さんの姿が一番目立つ。

その大木さんに密着した新作ドキュメンタリーが本編の須藤監督『あゆむ街』だ。開始時間の2時間前まで編集をしていたというまさに出来立て。その甲斐あってか、最後まで本当に面白く見ることが出来た。下北沢の新しい文化の流れと、古い伝統文化の流れが絡み合う展開。

映画の中で「再開発されたコンクリートのビルだって、その場で育った子供には、それが故郷の風景となるだけだよ。」というような意見が発されていた。それに戸惑う須藤監督。それに映画は答えていたのだろうか。

問題は、どんな場所に育つかということではない。どんな場所に育つかということが、市民には「コントロール」できなくなってきている、ということが問題なのだ。現実は、一部の利権業者や官僚が、人々が住み、交流し、楽しみ、働く場所の開発を「コントロール」している。それが問題なのだ。結果としてどういう建物が建つか、どういう街ができるかではない。だれが「コントロール」するのが本当の「あゆむ街」なのかということ、それこそがこの映画の焦点なのだ。

映画の感動を胸にしたまま、バンド志田歩&Teazerが続く。パーカッションが木製の床に心地よく響く。エネルギーのかたまりのような志田さんの曲の数々、踊り始める人が出る。動物園でしかライオンを見たことがなかった私にとっては、彼のニューアルバム名「最後のライオン」ではなくて、初めて本当のライオンを見たような気分だった。

最後には、Save the 下北沢のサポートソングでもある「アモーレ下北沢」を合唱。風邪薬にアルコールが注ぎ込まれ、半トランス状態となっていた私は、拡声器を持ってはちきれていた。

そこで、今回のチラシに素敵なイラストを書いてくれたカエコムが花束を持って舞台に登場。バラの花束を手にした下平さんが最後にソロ演奏。ナイロンガットで甘いラブソングを披露。どれも、スタンダードになっていてもおかしくない美しいメロディのオリジナル。本当にすばらしい夜を見事に締める。

最後に、アンコールがアルコールに溶けていく頃には、雪はやんで、白く染まった道には轍が残っていた。

(浅輪がんぽお)
[PR]

by ganpoe | 2008-02-12 12:02 | MY Music & LIVE
2007年 02月 17日

新曲「解放特別区」アップしました

久しぶりに私の作った新曲をアップしました!
結構、自信作。聞いてやってください。
(他の曲も新録音に更新したりしてみました)

http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a040145

「title: 解放特別区
genre: フォーク・ブルース・バラード
data: 5.0MB, 128Kbps 44KHz stereo

解放を願う歌。この歌を書いたときには、本当に何かにとらわれているような感じだった。「悲鳴を叫びになだめていくのさ」という歌詞をそこにのせた。苦しみの悲鳴を訴えの叫びに変えていくのだ、と。 」

・・・なんか、深刻なコメント・・・

「解放特別区」という曲名を思いついたら、後は一気に歌詞がかけました。下北沢のBig Mouthという店でよく歌っているAsia Sunriseさんの「自由地帯」という曲名からちょっとインスピレーションいただきました。

歌詞も載せておきます。

解放特別区

Bm C D
Em Am
さしてさして言うこともないが、
今夜の君にだけは一言、言いたい。
そんなそんなに固まることはないさ、
暗闇にだって飛び立てるさ。
Bm C Bm   Em Am
ここは俺たちの解放特別区。

全自動の慰めホテル、
耳を澄ませば、その裏が見える。
どうしたってそこは拘束特別区。

一人ひとりの住人たちが、
すき間なく並び、朝から夜まで、
策略を監視している。

G Am Bm C
ライラ、ライ。
C  D Em  Am

空が落ちてきたら、そこは宇宙さ。
老いも若きも、空中に浮かび、
Bm C Bm   Em Am
平等を一瞬信じられるだろう。

解放特別区がどうやってできるのか、
トリックや哲学も必要ないさ。
一つ一つの身の回りのことを、
一つ一つ明るみに出していき、
Bm C Bm   Em Am
悲鳴を叫びになだめていくのさ。

G Am Bm C
そして言うよ、ライラ、ライ・・・
[PR]

by ganpoe | 2007-02-17 12:17 | MY Music & LIVE
2006年 04月 29日

「うたの祭り」5月6日(土)


TCX&ムジケ(http://www.tcxpress.com)主催 

「うたの祭り」5月6日(土)16時

うたは生活の場から生まれてくる
うたは地域の人々の交流から生まれてくる

歌い手と聞き手が、ともに参加できる「うたの祭り」の場をつくりましょう
 ・・・たとえば、聞き手も太鼓や打楽器を手にして一緒に弾むリズムを作る
 ・・・たとえば、歌の歌詞やメロディを一緒に作る
 ・・・たとえば、お祭りの気分を録音してしまう。あなたも参加したアルバム

ムジケならではの新しいローカルに根ざした「うたの祭り」のあり方を目指して

参加費:100円(うたっても、おどっても、みても)・・・投げ銭歓迎

主な参加者:浅輪がんぽお、関本洋司、木村ゴローほか
日時:5月6日(土)16時~20時
場所:練馬ツリーズカフェ
http://www.treescafe.com/

【食事・飲み物の販売もしています!】
当日のメニュー:ひよこ豆と野菜のネパールカレーとサラダ

視聴サイト:
http://www.tcxpress.com/myst_02.html
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a040145
[PR]

by ganpoe | 2006-04-29 12:31 | MY Music & LIVE
2006年 04月 29日

新曲「レインコート」UP!

またまた、新曲をUPしました。
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a040145

「title: レインコート
genre: ポップ
data: 4.9MB, 128Kbps 44KHz stereo

雨が降り出したら、君のレインコートになってあげるよ。だから心配しないで前に進もう、というような歌です。私が始めて作った曲の一つ。楽しい感じ。"Rain, Rain Raincoat♪" 」

新曲といっても、僕が16か7のころに元ができていた曲なんですけどね。
でも最近になってやっとコードをつけました。そしたら、なんか不思議なコード進行になってしまいました。鼻歌で作った曲って、結構複雑なことをやってるんですねえ。驚き。

以下、歌詞。・・・・う~ん、さすが幼さが残ってるなあ。

   あ、ついでに「恵美」も新録音に入れ替えました。キーを一挙に4つぐらい上げました。

=======
レインコート

DG
街角のカフェにて
C(DA)
通りの風が甘くなる
夕立の前触れさ
小鳥たちがざわめく
GDCG
激しい雨が声を上げ
CFB Bb D
煙突のほこりを洗い出す

ちょっと聞いてよ、姉ちゃん
一緒に雨にぬれよう
君の元に一粒
力を与えてみたいんだ
いつの間にか、この街は
CFB Bb G
モノクロに変わってしまった

GF#m
そこらじゅうに激しく
CF
降り続ける真夏の雨
GAm
隠れ場なんて探すことない
Bb(F G)C
なるよ君のレイン、レインコート

D

実のことを言うと
生き方は決めてあるんだ
やさしさをちょっと見せ
やり直したっていいじゃないか
人間であるために僕は来た
大きな声で歌えばいいのさ

最初に笑ったら、勝ち
君はゲームを変えた
いつも笑顔の君
それなら一番有利さ
だけどしかめっ面をすることもある
自分の想いにならないことも

ずぶぬれになる君
誓うよ、君のそばにより
ひとときの雨から守る
なるよ、君のレインコート

僕たちはあて先の
書かれぬ手紙なんだ
ただ行動だけが
それを届け当てる
ポストの入り口は暗黒さ
そこに入らずにどこに行ける

時間は前にすすむ
世界も未来にある
届け先を見失ったら
なるよ、君のレインコート
なるよ、君のレインコート


Copyright(C)1988, 2006 Takahiro Asawa 
[PR]

by ganpoe | 2006-04-29 11:56 | MY Music & LIVE