カテゴリ:Books( 7 )


2013年 02月 07日

「農業こそ21世紀の環境ビジネスだ」

読書ノートです。

大地をまもる会、らでぃっしゅぼーや など有機農業の流通で第一線で活躍されてきた徳江さんの本。1999年とちょっと古いですが、おもしろかったです。

============
「農業こそ21世紀の環境ビジネスだ」徳江倫明(とくえ みちあき/エコ・ステップ・プランナー)1999年。

P. 105
「これまでのリサイクルというのは、大量生産、大量消費、大量廃棄の社会を前提にしたものであるからです。つまり、捨てるのはもったいないからという、人間の素直な感情にしたがって、使えるものは大事に使おうということで生まれてきた思想、あるいは運動の一つが、リサイクル活動だったのです。しかしそれは、高度成長時代の大量生産、大量消費、大量廃棄という価値観の、あくまでも補完的仕組み、あるいは考え方にすぎませんでした。
そういう意味で、本当の循環型社会というのはむしろ、リサイクルというものを前提にどのようにモノをつくるか、ということが大事になります。そのためには、素材を選ぶ段階から、リサイクルを前提にした選び方が求められます。」

P.143~
有機農産物は普通だった。

1961年の6月に制定された農業基本法によって、有機農産物が消えていく。豊かさから取り残された農業、農村、そこで、「農業分野への工業の論理の導入」

選択的拡大、産地指定制度 とは、分業制度を農業分野でも採用、嬬恋のキャベツなど。単一の品種を大量に生産し、大量に輸送し、価格を安くすることで、生産の効率を上げて農業経営を大規模化する。そして、大消費地、東京に安く大量に供給する。

産地に指定された農地には、冷蔵施設やストック基地など、物流体制を整えるための補助金を投入するほか、農薬や化学肥料も多投して大量生産が図られた。


・連作障害。同種類の作物を同一圃場に連作したときに、その作物の生育や収量、品質が低下する現象である。

・同一の栄養物のみが土中から採られたり、同じ病害虫が発生しやすくなったり・・・特定の養分が欠乏あるいは過剰になり、土壌が酸性もしくはアルカリ性障害

・微量なミネラル要素が欠乏。

・化学肥料は硫安や過リン酸石灰など。硫安はチッソを補う肥料として多用されている、過度に使用すると、土壌が酸性になり植物は生育しなくなり、ミミズやその他の微生物を殺す。ミミズがいないと土が固くなり、根も張りにくくなり、まったく植物が育たない嫌地現象まで引き起こす。



連作障害を防ぐために、土壌消毒剤や殺虫、殺菌剤などの農薬使用。

農薬の繰り返しの使用は薬剤耐性病害虫を生む危険性も。

高温多湿の日本では、病害虫による被害に常に晒されてはいる。最小限の使用に控える方法を探るべき。

p.154~
●日本有機農業研究会1971年10月 財団法人 協同組合経営研究所理事長 一楽照雄によって設立、

有機農業は気候条件に大きく左右されている、そのリスクを生産者、消費者で採るトラスト、産消提携
契約栽培 前もって消費者と生産者とが作付け量を決めて生産を開始する
全量引き取り 生産されたものは消費者が責任を持って全て買い取る。

●大地をまもる会、使い捨て時代を考える会(有機農産センター)、JAC、ポラン広場

共同購入
流通自体がコミュニケーションの場。
有機農業運動は地域のネットワークをつくる、一つの市民運動。

 女性の社会進出。共同購入の難しさ。

●らでぃっしゅぼーや

 1988年1月11日 夜間置きどめ個別宅配システム 
 野菜パレット 年間52週を通して採り続けるのが消費者会員の条件。季節の野菜が約10種類、セット詰め、届いてみないと中身が分からない。有機農業では大事なこと、産消提携。

 徹底した情報公開。生産者名とある事情で農薬を使用せざるを得なかった場合、その理由と使用した農薬の種類と回数の表示。生産者あるいは生産者グループの住所。


p.198
野菜の規格の細分化。

質、実はそんなに変わらない、なのに、なぜ細分化して価格を変えるか?
卸し市場法 卸(荷受け)の手数料は定率で野菜8.5%、果物7%で決められている。利益を上げるために、野菜の価格を高くする高値安定をつくりだす流通による手法。

p.244
有機農業の規格

無農薬/無化学肥料3年というものでいいか?

(こころがない)

有機農業五原則というものがあった
 有機堆肥を使用する、土壌消毒をしない、除草剤は使わない、農薬など仕方なく使った場合にはきちんと報告する、その他情報は全てオープンにする。
 情報オープンをすることによって、産消が直接交流する!これが一番大事。
[PR]

by ganpoe | 2013-02-07 19:46 | Books
2011年 07月 11日

「サクリファイス 自己犠牲」

 「サクリファイス」 自己犠牲。
 
 タルコフスキーの映画でずいぶん昔に見た。

 枯れ木、燃える家 枯れ木の脇に立つ人影。

 物語と自然神話と理性と映像。そういうものが混ざっていて、明確に記憶している瞬間がいくつもある。

 ゴダール映画では、物語と神話と理性と映像がバラバラになっている気がする。そして、きっとそれがゴダールの狙いなのだろう。自分はそういうバラバラな感覚をわざわざ映画や芸術に求めていないんだろう。ゴダールでは観念が思弁を重ね、周りの自然の風景はただ挿入される、利用される。

 タルコフスキーはずっと心に残ってきた。なぜだろう?ストーリーなんてほとんど分からないのに。人間は自然のなかに含まれ、そして例えば枯れた木に水をかけ続けるという労働を通して人間は自然とつながろうとする。
 「僕の村は戦場になった」水面のショット。少年が走る。色んなものが混ざった瞬間がやはりある。

 柳田邦男の自死した息子を綴った本にも「サクリファイス」というのがあり、それはまさにタルコフスキーの映画に強く影響を受け、そこで語られる自己犠牲によってだけしか、他の人に愛を降り注ぐことができない、とまで追いつめられた魂の話だ。愛は自己犠牲と表裏一体なのかもしれない。

 しかし、きっと、そこまで追いつめなくて、人間にはどこかで「あきらめ」が必要なのかもしれない。自分にはこの程度だよ、これくらいでいいじゃないか、うまく思うようにならない、そんなアホな自分でいいじゃないか、たまには自分を笑ってみよう。そんな気分になることも必要なんだろう。

 〈前触れもなくそれが汝の前にきて かかる時ささやくことばに信をおけ「静かな眼 平和な心 その外に何の宝が世にあらう」〉三好達治の言葉が引かれる。

 死と再生 自然はその循環だ、繰り返しだ。
 
 再び生きる 再生 とはなんだろう。「大きい悲しみをのりこえていこうとする想い(想像力)によって再生は支えられていくのだ」
 
 それは、合理的に二元論で決められないものだろう。

 ずっと長い時間をかけて、一人一人が思い、物語り、対話し、祈り、触り、そんな「ファジー」な曖昧なところで、それぞれが「再生」していく、でこぼこしながら、曲がりくねりながら、壊れた道を当たり前のように歩きながら。
 そのようにして、いのちは受け継がれていくし、そして自然も人間もいくつものいのちが積みかさなっていくようにして、死と再生がめぐられてきたのだろう。

 「どんな日の終わりにでも、人は信じる理由を見つけようとする。それが不思議な気がする」といううたがスプリングスティーンにある。人はどんなときにでも、意味を、物語を探そうとする。そのことによって、自分の魂を壊れないものにしようとする。

 indestructivity (破壊し得ないこと)

 柳田邦男の本の中で、エリアーデのそんな言葉を引いている大江健三郎について何度か言及される。全編を通じて、大江のいくつかの小説に生きる証しを探そうとする、息子の魂を追っている。

 わたしは大江さんには、会ったことは無いに等しい。一度、9条の会の講演を聴きにいった。内容は忘れてしまったが「憲法にある「希求する」ということば。希望して求める、今まで使ったことの無いことば、それなのに、ああ、これだったと思えるそんなことば、希み求める、希求。」というようなことを言っていたのが、強くこころに残っている。

 もう一度は、ニューヨークで朗読会をしていたとき。顔を良く見たいと思い、近くに寄って座ったら、ちょっと不安そうに睨まれた。

 彼自身の普段の行動について、間接的にいろいろ聞いたことはある。男親の立場を強く出し過ぎている、ということも聞いたことがある。しかし、そういう短所も含めた彼という人間が、「救済を希求する」「再生」というようなことをテーマにした小説やエッセーを書き続けさせる原動力になっているのだろうと思う。

 八ヶ岳に行ったときに絵本美術館があって、そこに売っていた大江健三郎の『「自分の木」の下で』を買った。その場ですぐに開いて読み始めた。柔らかな木にたくさん囲まれた美術館横のオープン喫茶室で。

 そこに四国の山の故郷での祖母の思い出を語った稿がある。祖母は「この森のなかで起こったことを書きしるす役割で生まれてきた」そうだ。

 「その話のひとつに、谷間の人にはそれぞれ「自分の木」ときめられている樹木が森の高みにある、というものがありました。人の魂は、その「自分の木」の根方(ねかた)−−根もと、ということです−—から谷間におりてきて人間としての身体に入る。死ぬときには、身体がなくなるだけで、魂はその木のところに戻ってゆくのだ・・・」

 それを読んでいたのは多くの木に囲まれた、まさに木の下で、本の内容、物語と自分の感性と魂のようなもの、それと考え、理性、さらに周りの環境、それが全て一体になったような、そんな一瞬があって、それで今でもその柔らかい葉っぱの一枚一枚を覚えている。
[PR]

by ganpoe | 2011-07-11 22:52 | Books
2009年 01月 31日

『フェアトレード』

『フェアトレード』

 マイケル・バラット・ブラウンというイギリスのオープン・カリッジで活躍している人だが、第三世界情報ネットワーク(TWIN)及びそのフェアトレード団体であるTWINTRADE の代表をしていた人でもあるが、その人によるまさに『フェア・トレード』という題名の本がある。新評論から出ている。ちょっと古い本(1993)だがなかなか面白い。普通、こういった類の本は、1から10まで正しい、正しい、あなたは本当に偉い、否定の余地無し、ごもっとも、といった感じで、私は敬遠しがちなのであるが、この本は世界貿易の厳しい現実をしっかりと述べている。それを読むと、どうやってもフェアトレードなんて無理だ、というような気になるぐらいだ。冗談ではないが、こういう本は面白い。

 まず、世界貿易、というのはどういうことか、考えてみよう。基本的に、遠隔地貿易であるから、そこにはこういう問題がでてくる。つまり、ある商品を買った地域とそれを違う国に持ってきて売る、この間の距離が大きいのと、時間の差が大きい、ということだ。それがどういう問題か、というと、買ったときには、はるか遠くの場所と時間で、どのくらい売れるか本当に不明だ、ということだ。そうすると、買い入れるときは本当に賭けみたいなもんだ。

 ところがである。世界貿易というのは巨大な多国籍企業が牛耳っている。彼らにしてみれば、そんな賭けみたいなことはしたくない。そうするとどうなるか。負担を第三世界の生産者に振るのである。例えば、まず、種を買わせる。こうすると生産者にとっては借金だから、収穫期まで頭が上がらない。いや、収穫の後も同じである。できた果実は、多国籍企業はそれが消費者に売れたときに本当に代金を与える、というような契約で持って行く。どういう意味かというと、生産者にとっては、例えば春に買った種の分のお金は、はるか彼方、消費者に売れるまでの例えば秋や冬まで返ってこない、ということだ。

 いや、実はこれはどんな商売でもおんなじことなんではある。そしてこの仕入をするときには、その仕入れたものが売れるかどうか決定的な確信がもてない、まさに暗闇への決死の跳躍と称されるもの、これが存在するのだ。

 この『フェアトレード』という本でも、例えば、第三世界で自立的な農業生産者団体を作ろうとする協同組合が直面する問題がこう語られる。

 「協同組合が直面している主な問題は、農民が作物の出荷後、できるだけ代金を受け取る必要があるのに、組合は普通、豆が売れて始めて顧客から支払いを受けるということである。トウモロコシについても同じ問題がある。収穫の直後に価格が底をついていても、品物を売り控えておくことができないのである。農民が飢え始めると「コヨーテ(安く買い叩く中間貿易業者)」がやってきて、最低の価格を受け入れさせる。協同組合は何とかしてこの不測の事態を未然に防止しなければならないのだが、無資本か、資本があってもわずかである上、法外な利子率でしか信用が受けられないため、外部からの援助が必要となる。」(p.14)
 
 この本の前半に渡って、植民地時代からの奴隷貿易、などを通して出来上がった世界構造、セカイノカラクリが見事に語られる。ここはアソシエーターを目指すならぜひ知っておきたい知識である。教科書に載らない歴史、である。実際のところ、こういう事情を知っておくほうが、日本のすばらしい伝統、なんてのを教えるより、よっぽど安全保障に役立つのである。というのは、例えばなぜ命を棄ててまでテロをするのか、というようなことが分からない。貧困があるから、というような説明がある。もちろんそれは間違ってはいないが、それでは十分説明できない。そもそもまるで貧困にある人が悪いようにまで聞こえる。そうではない。いかに人間の尊厳を痛めつけるような世界貿易を行ってきたか、これが分からないと命まで棄てる人の心情はわからない。実際、テロをするようなものたちは、最貧困にある人たちよりも、どちらかというと中間にあるような人たちである。

 貧困にある人たちには確かに責任があるが、しかし、彼らは人のせいにばかりしているわけには行かない。彼らが自主性をどうもっていけるか、それが無ければ、セカイノカラクリは変えられないだろう。これに関しても述べたいが、もう長くなってしまったので、また次回。

(2004/5/10)
[PR]

by ganpoe | 2009-01-31 12:19 | Books
2009年 01月 09日

漫画【資本論】

ところで、イーストプレスの漫画『資本論』ですが、読みましたよ。
http://www.amazon.co.jp/%E8%B3%87%E6%9C%AC%E8%AB%96-%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E3%81%A7%E8%AA%AD%E7%A0%B4-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4781600212/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1231512503&sr=8-1

このシリーズは当然チェックしてました。
沖縄の漫画制作集団が漫画化してるんですよ。世界の古典を。

で、資本論、思いっきりドラマ化してました。

家業のチーズ作りを工場制にしようとする息子。
これが投資家から金を借りて、雇われ経営者となる。
経営者としては、労働者を搾取せざるを得なくなる・・・
金持ちになれる積りが、実は自分も投資家の雇われ人に過ぎないような気がしてくる・・・

と言うくだりです。

資本論第3巻を全然理解していない(「資本論」は実は資本制度を次の段階に持っていく物として,(肯定的)に見ている。(括弧付きで,ですよ!)
・・・どころか、貨幣形態論にもまるで触れてません。

とは言え、これはこれで良いんじゃないか、という気もします。
雇われ労働人だけでなく,社長(経営者)も実は大変なんだ、みたいなところも出てますし。

この漫画の中では,投資家は一方的に悪者にされてますが、最近の金融不況も
奴らが悪いような気もしますし、まあ、いいか、みたいな。

でも、金融不況になると投資家も大変、ですかね(?)。

結局、人間は、『貨幣』と言う制度に振り回されているだけ?
見たいな気がしてきました。

この漫画を読んだら・・・いわゆる「物象化」というやつ。

要するに【貨幣】と言う制度で起こるいろいろな悲劇なのだが,
でも『投資家』とか『官僚』とか、誰か人間に責任を負わせて
悪者を考えたくなる。

(投資家/官僚批判の最たる物が,当時それらの事業に多く従業していたと思われていたユダヤ人迫害のナチズムである)

この漫画の中で〔僕達は奴隷じゃない・・・〕
と言うせりふが連呼されますが、
マルクス「資本論」では,賃労働者は,
奴隷ではなく、あくまで自由労働契約である。
その分,資本制は奴隷制より進んでいるんだ,と。
しかし、まるで誰かに支配されているような気がする。
実は,人間を支配しているのは、誰か他の人ではなく「貨幣」です。

かといって「貨幣」なしでは,人間の間の交換が成り立たない。

では、どうやって、人間が「貨幣」を支配できるか?
『金持ち父さん』の本はある意味でその問いだったので、面白かったんだと思います。
しかし、その本の解答が正しかったのかどうか、
要するに投資家になれば,「金を自分のために働かせることが出来る」
という回答は,
土地や株のバブルが崩壊した今、???ですけどね。

やはり、答えは、「協同組合」的なものを、どうやって
「現状の条件」=資本・国家制度のなかで、実現できるか。
そして目的が、「交換価値」のみでなく、「使用価値」「社会的必要」
により傾斜できるか?

・・・という問いを追求する、以外に無いと思います。

その意味で僕はやっぱり「地域政治経済学」が好き。
[PR]

by ganpoe | 2009-01-09 12:02 | Books
2006年 01月 04日

創造都市への挑戦

TCXの連載にも書いたことですが、
本当の目的は剰余価値0か?Life(生活、人生、いのち)か?」

特に現在の工業化の時代から「ポスト工業化」の時代へ移っている、というときに、本当に必要な改革の方向は何なのか、これが重要な問題です。

今必要なのは、資本の剰余価値を減らす、分配を公正に、と言う経済理論から基づいた観念的な運動だけではなくて、さらに、そのような労働者の貧困が大きな問題であった19世紀の時代の運動理論だけではなくなっているのではないでしょうか。(だけでない、つまり、それも必要、と言うのは、第三世界の問題があるからです)

「社会経済」つまり、生活の様々なニーズの達成、環境の再生、文化の創造、そしてそのようなところから、産業・経済も新たな需要に向けて成長できる、このような新たな「ポスト産業化時代」の経済・社会システムに向けて運動していく、と言うのが何よりも重要になっていると思うのです。

さて、そういった問題を考える中で、「創造都市」と言うコンセプトが重要になってきていると言われています。

例えば、この本『創造都市への挑戦』などからはじめてみたらどうでしょうか。経済学における創造都市研究の第一人者、佐々木雅幸さんによる実に夢がある素敵な本です。ボローニャ、金沢などの、文化的にも経済的にも豊かな都市を例にして、これからのあるべき社会の姿を考えています。
[PR]

by ganpoe | 2006-01-04 11:19 | Books
2005年 10月 10日

Think Golobally, Act Locally!

e0020865_12551466.jpg
地域政治経済学

地域経済に関する本ってたくさんあるんですけど、「地域」を土台にした政治経済が、現在の国民国家資本主義に変わるものとしてありえる、というような大きな視点から論じてるのって、この上のものぐらいだと思います(て言うか他の本読んでないだけだけど(笑))。その前って言うと本当にプルードンとか、ある意味ではポランニーとかぐらいになってしまう。ポランニは市場経済を社会に「埋め込む」というようなことを言っていましたね。

柄谷行人さんの『トランスクリティーク』も面白いんですけど、さてそれが実際にどの程度社会を変えられるのか、というと難しいですね。アダムスミスだってマルクスだってすごい本を書いたけど、あれだって後世の人はそれぞれの社会的関係で好き勝手に読み替えてるだけだし。スミスなんてほとんどプルードンみたいなラディカルなところあるのにね。とはいえ、アダム・スミスやマルクスの仕事があって、さらに柄谷さんのような仕事もあるのだし、問題は理論と現実との関係でしょうか?いったい、どのくらいのことなら実際の社会で可能なのか?答えは現場にある??

結局、自分の関係してる地域ぐらいを良く変えていこう、というぐらいが一番いいような気がします。「何だ、自分のところさえ良ければいいのか」というかもしれないけど、Think Globally, Act Locally!ですからね。一応、世界のことを「考えて」はいると(笑)。

というか、第一に、多くの人は自分のところを良くする、という意識でしか動かないよ。(大体多くの日本人は(特に東京圏は)それさえも考えずに仕事に左右されるだけの人生だったりするし)そういう意識をうまく誘導する、というか、そういう方向で行った方がいいと思います。

第二に、それぞれの地域が変わっていくとすると、それらは他の地域との関係性で動いてるから、その関係も変わって、他の地域へも影響が進むんじゃないか。
例えば、地域で十分循環して付加価値が残るようになれば、それが得られないので空間的な差異を求めて他の地域を従属させる、というような方向にあまり動かなくなるんじゃないか、とか。例えば、日本の企業も最近は国内に工場・研究所立地するケースも増えてきているし。

第三に、自分たちはこんなに善意で犠牲を払ってるのに、なんて君たちは勝手なんだ、あるいは僕たちに文句をつけるんだ、なんていうのよりさ、楽しんでやってる方が逆に他人に迷惑をかけなくていいんじゃないかな。やっぱり自分を自由にすること、そして他者はそのための手助けであるとともに、他者も自由にしていくこと、ってことですよね。
[PR]

by ganpoe | 2005-10-10 13:02 | Books
2005年 09月 15日

『ザ・フェミニズム』

上野千鶴子・小倉千加子 対談『ザ・フェミニズム』ちくま文庫

 今度文庫版になったこの本を読んだ。おすすめ。

 イヤー、笑えた。楽しい本ですよ。
 フェミニズムに関してさまざまな理論や現実問題が述べられてあって便利です。理論的なことは大分前に僕もいくつか(軽く)読んだことがあったのですが、ここではそれといって新しい考察は見えないものの、いいものを選んでいると思いました。簡単には次の3つぐらいに分けられるみたいですね。

 1)女権拡大論。これはつまり民主主義的な、そして職業的な差別をなくして男女同権に持っていこう、というような議論。いわば国民国家、資本主義という近代の大まかな枠組みは変えることなく、その中での権利の拡大を目指す、というもの。

 2)脱近代的フェミニズム。さらに「女性性」という近代が作り上げた幻想を超えて、それぞれ個人の自由を追求していくことによって、「近代」自体を作り変えてしまおうというような考え。

 3)私的利益追求主義。以上のような何かに限定するのではなく、それぞれ個人の利益を追求する上で、例えば専業主婦がよければそれを選択すればいいし、例えば男権社会で有利に生きるために「女性的魅力」を生かして出世しよう、というならそうすればいいし、あるいは性的快楽だって好きにすればいいんだし、というようなもの。

 ・・・って分け方でいいのかな?2)ももちろん、自由を求めるんだけど、「結婚」とか「専業主婦」みたいなものは批判する、ってとこがあると思う。ここで上野さん、小倉さんはここに含めちゃってるんだけど、これを追及するとどうしても近代の枠組み「資本主義・国民国家」の批判に行き着いていくんですね。例えば結婚なんて何でいちいちお国に知らせなければならないのか、とか。

 現実問題としても、少子化にせよ、パート労働化にせよ、政治経済の動きと離しては考えられないんだし、(小倉千加子の階級別に分けた晩婚化分析、非常に面白い)「フェミニスト」の視点からの資本主義・国民国家の批判、それの漸進的な(少しずつしかし確実な)改革なんてのがどんどんでてきたら面白いと思いました。

 しかし、「こんな過激なこと言っていいのかしら」って何度も言ってるけど、これ過激なのかな?ふつうじゃん。こんなに日本の論壇ってとこは保守的なんでしょうか?

 たくさん抜書きしたいところがあるのですが(世代論とか、代議制への不信とか、介護問題とか、保育、女女格差、パート労働、新自由主義と労働形態の変化・格差・・・)ここでは一番最後のなんとも感動的な「愛」についてのお話を書きたいと思います。

 「小倉 ・・・目に見えないところで人々が互いに愛し合うことは、権力の最も恐れるところです。・・・・私は人を、周りの人たちを喜ばせ続けたい。何でか言うたら、世界が色彩にあふれて見えるから。愛が飛び交う濃密な関係をあっちこっちでみんなが実践すればいいと思う。もう、それは始まってるような気がするんよ。うん。現実に存在してますよ、あっちこっちで。ムンムンするぐらい。
 上野 本当にそうですね。エロスとは本来、生を肯定する力のことですから。」


 
[PR]

by ganpoe | 2005-09-15 13:07 | Books