<   2006年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 13日

寿ライブ+僕の前座

沖縄民謡やオリジナルを中心にやっている寿のライブに行きました!

会場 バー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」 (池袋駅徒歩9分) http://www.mavie.co.jp/restaurant/file/tokyo/new-shibuya.html
フェアトレードや有機食品の特集も行っている素敵なお店です!

ここ、前、私もライブさせてもらったところです。

で、勝手ながらお願いして、私、前座やらさせていただきました!

たった2曲で遠慮したんですけど、楽しかったです。こんな楽しいことないなあ、っていつも思う。

寿さんのライブはさらに数倍パワーアップ。すばらしく存在感があるナヴィさんのボーカルと語り。どこまでも広がっていくようなヨシミツさんのオリジナル曲。最高に盛り上がってました。乗せ方が本当にうまいし、二人のコンビも実にいい感じ。

えっと、一応私がやった曲は、去年の暮れに作った「ポスト工業化のうた」というなんとも硬い題名。一応、仮名で変えようと思ってるのですが、まあ変わってていいかな、と定着しそうです。もう一つは「トランスナショナル」ということで、歌詞を載せてみます。

寿さん、たま月さん、お世話になりました。またやりましょう!


●ポスト工業化の歌

C F
単純な工業化の時代は終わりを告げ
Dm G
僕たちの想像力を生かす時代が来た。
C F
君と僕の美しさへの憧れをこめ
Dm G
一人ひとりの仕事の中でかなえていくのさ。

Am       F
遠くで若き日々が聞こえる
Am       Dm
君の理想はどこへ行ったの。
Am   A7    D7 G7
体の中を稲妻が周りだすような事を始めよう。

高度成長の役割は終わりを告げ
歯車の中で事務委員と化すのはやめよう。
君と僕の正しさへの憧れをこめ
一人ひとりがつながってかなえていくのさ。

そう、この世の中では官僚制がしかれ
他に道がなくなったようだけれど。
もうあたえらた数字のパズルだけやるのはやめて。




●トランスナショナル

曲:浅輪 詩:浅輪・関本

C Dm F C
C Em F C
C F Em C
C Dm F C
C Dm F C

君と僕が壁にぶつかったときには
向こう側から見つめること
そしたらうまくいく
国を超えた平和への道
The Transnational Movement for Peace。

いくつもの苦しみを
抱える人たちに
新たな歓びを
つながる人と人
すべてを超えて行け

Whenever you and I face the wall,
Staring from the OTHER side,
And everything’s gonna be alright,
The Transnational Movement for PEACE!

The Transnational Movement for PEACE!
[PR]

by ganpoe | 2006-02-13 09:53 | MY Music & LIVE