<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 11日

不況を生き抜く地域に根ざした商品?

「地ビールならぬ地サイダーのブーム」だって。

輸出用の製造業の工場などを一生懸命で誘致していた、
あるいは、公共事業に頼って土建業が成長した、
地方は,今,本当に大変なことになっている。

外部にコントロールされるのではなく,
内部において創意工夫を重ねられるような地域経済、
これを日本のあちこち(いや、世界のあちこち)で、
作っていくのが,現在の新自由主義経済の破綻の後の、
進むべき道。

=======
http://www.asahi.com/business/update/0210/NGY200902100014.html

 侍風の独自キャラクターを使った炭酸飲料「三河国サムロックサイダー」が、新装発売した07年春以来、多い月では1万本も売れている。酒類卸の大岡屋(愛知県岡崎市)の4代目らが企画した商品。地ビールならぬ地サイダーのブームに乗り、快進撃を続けている。

 徳川家康ら戦国武将が多数輩出した三河らしく、侍を意識したキャラクターやデザインを用いた。サイダーは、東海地方のコンビニエンスストアのほか、東京・六本木で販売。インターネット上には、仮想商店街「大岡屋横丁」を開設。八丁みそなど地元の名産品と一緒に売っている。

 もとは68年に「五万石サイダー」として発売した。主原料に木曽川水系の水を使い、味は昔と同じ。ただ、新装発売に合わせ、価格を税別80円から税込み200円に値上げした。東京への輸送費や宣伝費を上乗せした。それでも月100本程度だった売り上げは、平均で6千〜7千本に大きく伸びた。

 商品企画を引っ張ったのは、00年に大岡屋の4代目を継いだ鈴木裕之社長(44)。90年代以降の規制緩和で酒類の安売り量販店が台頭し、値下げ競争が激化。「ビール取引中心では利益が出ない」(鈴木社長)とコンビニや外食事業に進出。一方で地域の商品をブランド化し、インターネットも使いながら、全国への発信を始めた。

 鈴木社長は「地域に埋もれた名産品を世に送り出したい」と意欲を見せている。(冨森ひな子)
[PR]

by ganpoe | 2009-02-11 10:53 | Social or Economic
2009年 02月 11日

ゲバラはあまり好きじゃない

チェ・ゲバラって,ある評論家がずいぶん批判してたことを思い出します。単なるロマンティスト、みたいな。

曲がりなりにも国を経営し続けたカストロの方がずっと偉い,とか。

僕はキューバの歴史とかあまり知らないし,あんまり興味もないのでいいのですが。

分かりやすいゲバラより,かなり複雑なカストロの方が興味はあります。度重なる暗殺の企みもくぐり抜けたし,アメリカとソ連の間の危ない橋を渡り続けていたし・・・あの条件の下で,まあ,なんとか経済が続いているんだから,偉い物です。

第三世界のことより、自分のいる先進国(?)の問題のことの方がずっと切実。と言うか,先進国の問題を解決するのが,第3世界の人たちにも対する責任だと思う。今の金融危機もしかり,環境問題だってそうだし。
[PR]

by ganpoe | 2009-02-11 10:52 | Social or Economic
2009年 02月 07日

Itabashi Fumio 板橋文夫

2009 年 2 月 7 日


Itabashi Fumio 板橋文夫 http://itabashi.web.infoseek.co.jp/

一応,日本に生まれ育ったのだが,昔から,イギリスやアメリカの曲が好きだった。

いわゆる邦楽はほとんど受け付けなかった。尾崎豊、Blankey Jet City、頭脳警察、Newest Model・・・まあ,例外はあったが,それらもいわば洋楽的に聞いていたものだった。

唯一の例外が,ネーネーズとか喜納昌吉(きな しょうきち、と書いたらすぐ変換できるようにしてほしい・・・)とかの沖縄系ポップ、ロック。

で,しばらく海外で暮らして戻ってきて,横浜で暮らしていたのだが,そこで毎年10月ぐらいだったか「ジャズ・フェスティバル」というのをやる。それを見に行って,まあ,こんな物かと思いながら,夜最後に聞いたのが,板橋文夫。これはすごい衝撃だった。日本の盆踊りとか,民謡とか,わらべ歌,と言うのが脈々と生きていて,そして現代の音楽になっている。ジャズと言うか,ロックと言うか,最近ではトライバルというのか,知らないけど・・・

The Newest ModelもいまではSoul Flower Unionとなって、民謡的リズム,音階をとりいれて、最高のダンス音楽をならしていた。

聞くと,その前にも,じゃがたらとか,エンヤトット、とかの流れがあったようだけれど。

別の流れで,ジャズベーシストの立花泰彦さんとも友達になり,板橋文夫とこれからよく一緒にやっていく予定だ,と言っていた。

横浜のジャズバーのドルフィーで二人がやった時はよく見に行ったが,世田谷に引っ越してから,ちょっとご無沙汰していた。

2009年1月の最後の日に、この二人が組んだライブを久しぶりに聴いた。ドラムはこれも最高の小山彰太。それから管楽器が三つ立って,田村夏樹、片山広明,吉田隆一。片山さんは,渋さ知らズや忌野清志郎との競演で有名。吉田さんはバリトンサックスでものすごいオリジナリティがある人だ。

前に立花さんとの板橋を聞いた時は,体調も悪かったと言うこともあり,いまいちな感じがあったが,この日はぶっ飛んだ。

世界中でも,これだけ密度の高い、熱い,音楽をやっている人たちはいないだろう。

これで,平均年齢が50代(笑)。

音楽を演奏してうまく行ったときに,「もうこのまま死んでしまってもいい」と思うこともあるけど,この日は聞いてる音楽に圧倒されながら「これを聞きながら死んでしまってもいい」と思った。

おかげさまで,今でもまだ生きていて,また,新しい音楽を求め続けている。
[PR]

by ganpoe | 2009-02-07 11:34 | Music