地域, 政治, 経済そして音楽・・・浅輪がんぽおのブログ

ganpoe.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 06日

生の地域 をめざして

命がけの跳躍。

売れるかどうか分からないのに、借金をして資材や機械や労働力を買って、その買ったものを加工したり、
移動させたりして商品にして売ろうとする資本の動き。
最初に作るためには、費用がかかり、まず借金をしなければならない。
借金をするから、それを返すために死ぬ気で売らなくてはならない。

だから、何でも必死に売ろうとする。無駄なものでも、公害を起こすものでも。。。
人々の倫理が悪いからではない。
商売は最初に金を使って借金をしなければ絶対にできないから、仕方がないのだ。
それが世界のからくりであり、だから経済的に生き抜くことは、ほとんど誰にとっても、命がけの跳躍なのだ。

さあ、もういちど、「人々は人々が必要なものを必要なだけつくっていた」
というかたちに、どうやって行けるのだろう?
もし確実に必要なものだけ作り売れると分かれば、命がけの跳躍の度合いが低くなり、無理に売りつけたり、無理に買い叩いたりの必要もなくなる。
これが答えだ。

どうやったら、確実に売れることが事前に分かるか?
受注生産というのが、すぐ頭に浮かぶだろう。
そしてさらに、地域のつながりの中で、お互いの必要なもの、必要になると思うものを伝え合えるようになれたら、それが、世界のカラクリの修繕になるのではないか?
それが答えではないか?

昔の共同体に戻るというのも素敵だが、多くは広がらない。部分的な趣味的なコロニーができるだけだ。
いまの社会の段階から先に進んで、そこに懐かしい昔のような未来をみつけるのだ。

「人々が必要なもの」、それは「よりよくいきる」ということだ。
「よりよくいきる」とするとき、そこにはいろんな時間と場所が絡まってくる。

そういう時間と場所があらわれてくるのを生活圏と呼べる。
生活圏はいつも固定されているものでもなく、一つのものでもなく、
いろんなレベルで重層的にあるものだ。
数人の寄り合い、組合レベルもあれば、
都市と農村と周りの自然、というような広い「地域」ひとまとまりもある。
そんな「地域」たちの中で人々は生き、学び、遊び、育ち、働き、育て、老いて、死んで行く、
そして自然と人間の結びつきも生まれる。

そんな「よりよくいきる」生の地域をどうやって保っていくか、
どうやって自分たちの必要に会わせて形成していけるか、
それが、「人々が必要なものを必要なだけつくる」ということだろう。

e0020865_23264799.jpg


しかし、そんな地域も、みてきたように、外の大きな商人や銀行家や政府にコントロールされて、
他に依存的になってしまいがちだ。
遠くの都市のための単作食物を育てるだけになったり、
公害を出すような工場や発電所を押し付けられたりするだろう。
無駄な消費にあくせくさせられながら、
必死に働いて高い家賃を払ってストレスの多い生活を強いられたりするだろう。

そんな外来型の開発に左右される地域でなく、
「よりよくいきる」ために自分たちで内発的にコントロールできる地域はどうしたら可能だろう。

まずは「あたま」。

何よりも意思を決定できる、会社でいえば本社があること。

つぎに「かね」。

本社が地域内にあれば、経済の余剰はその地域の中に残るし、落とされるし、
新たな発展のための再投資に回すことが出来る。
地域の税金は地域の自治体に払われ、地域の様々な社会サービスに回すことも出来る。

なにより「つながり」。

いろんな関連の産業が発達して、
部品や修理やら何やらを地元の企業にお願いするようになって、広がりを生む。
モノやサービスの交換だけでなくて、新しい情報や技術なども交換され、
地域の発展が継続するきっかけにもなる。
そんな広がりの中で、新しい仕事を生み出そうという意欲を持つ人も育つし、
今までと違った、なかった産業や、地域の細かいニーズに対応する産業も、
地域の色んなつながりがあるとスムーズに興すことが出来る。

ついでに「あそび」。

地域のつながりが強いし、お金も地域に落ちるので、あそびも地元でたくさん行う。
近くの農村や漁村のおいしい多様な食物を手に入れて、
その地域の風味で工夫した色んな料理や飲み物が出来たり、
美しい農村・自然の風景を残して楽しもうとする。
地域の文化や盛り場を楽しんで、それが新しいお店や職人や芸術家なんかを育て、
それがまた刺激になって、産業などのアイデアに結びついたりする。
ハイキングやスポーツを楽しむ時間や場所を大事にすることによって、
人々の絆も深まり、健康や元気や活力につながる。
教育も地域に根ざして、地域の仕組みやニーズなどを早くからつかんで、
現場と知識をうまく結びつけた地元愛にあふれたこどもたちが育つだろう。

そうわたしたちは、いつでも「よりよくいきる」生の地域のために、
「あたま」「かね」「つながり」「あそび」が内発的で、地域の中で多様で循環しているか、
確かめていくといい。一つ一つ確かめながら、挑戦していくといい。

内発的に、地域のなかの交換、他の地域との交換をトランジション(移行)させていくと、
だんだん、内発的な「生の必要」に根ざした交換に、生産に、社会に変わっていく。
だって、「あたま」と「かね」と「つながり」と「あそび」は地域の人々がコントロールして、
育てていっているのだから。

そんな挑戦のなかで、少しずつ、「人々の必要なものを必要なだけつくる」未来の世界が見えてくる。
もう、無駄なものをつくったり、公害を出すことは少なくなっていく。
命がけの跳躍が薄れていく。
そして命あふれる地域が、本当の「生」が生まれるのだ。
[PR]

# by ganpoe | 2012-03-06 23:28 | Social or Economic
2012年 02月 08日

2月10日 三軒茶屋カフェ・オハナにて 出前講座「自然エネルギーを選べる、いまの日本で」

「自然エネルギーを選べる、いまの日本で」

三軒茶屋のカフェオハナのご好意で、
自然エネルギーのイベントを企画しました。

金曜日10日の夕方です。

カフェオハナは、有機野菜など使ったレストラン、および、自然食品やらオーガニックコットンやら
いろんなものを販売しているお店です。

今回は、被災地での自然エネルギーを通した復興事業を行っている
つながり・ぬくもりプロジェクトの事務局長、
また、ISEPの顧問などされている竹村英明さんをお呼びして、
いま、個人が自然エネルギーを選ぶのにはどんな方法があるのかな、というのを
お聞きします。

飯田市のおひさまプロジェクトの創設にも関わっておられました。

日本でたとえば、スウェーデンのように、
「電気を選べる」ということになったら、それは具体的にはどういうことなのか、
ご興味がありましたら、お越し下さい。
お知り合いにお声がけなどもしていただけたら光栄です。

よろしくお願いします。

=============
えねぱそ出前講座「自然エネルギーを選べる、いまの日本で」

電力自由化しないと、
個人で自然エネルギーを選択することはできないといわれます。
現在の日本では電力会社は地域独占なので、自分で好きな発電方法を選ぶことはできない...
 のでしょうか?

実はいまの日本でも、いくつかの方法があります。

たとえば・・・

1.発電機を自分で付ける(独立型)
2.PPS
3.ファンド
4.グリーン電力証書
5.とにかく、省エネ

それぞれ、どんなものか、詳しく知りたくありませんか?
長野県飯田市の自然エネルギープロジェクトの立ち上げに関わったり、
エナジーグリーン社で多くのファンド、グリーン電力証書の事業に携わってきた竹村英明さんが、
個人として「エネルギーを選ぶ」方法について語ります。

とくに、あらたに登場した個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」を会場で購入もいただけます。
グリーン電力証書は、世田谷区が採用して最近話題のPPSと似た仕組みがありますが、
化石エネルギーが多いPPSと違い、自然エネルギー発電所に限定して、
自ら環境価値を選びとることが出来るシステムです。
みなさま、エネルギーシフトに向けて、ぜひ考えをわかちあいましょう!

日時:2012年2月10日(金)19時30分~21時30分
場所:世田谷区三軒茶屋 カフェ・オハナ
【住所】東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
【TEL/FAX】(03) 5433-8787
http://www.cafe-ohana.com/access.html
【入場料】無料(飲食1オーダー)

プロフィール

竹村英明(たけむらひであき)

環境エネルギー政策研究所顧問/エナジーグリーン株式会社副社長
1951年広島生まれ。横浜市立大学卒業。
衆参の議員秘書や国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンのスタッフを経て、2004年より環境エネルギー政策研究所。
飯田市でのおひさま進歩エネルギー事業立ち上げを担当した後、㈱自然エネルギー・コム(エナジーグリーン株式会社の前身)でグリーンエネルギー証書事業を担当。
3/11東日本大震災と原発事故後に「えねぱそ」を考案。
同時に「eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」アドバイザー、「つながり・ぬくもりプロジェクト」の事務局長。

個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」について→
http://www.ene-paso.net/

※また、当日、自然エネルギーで被災地支援を行っている
つながり・ぬくもりプロジェクトへの支援金を募集しています。

お問い合わせ:090-9965-2374 (あさわ)

主催:世田谷エネルギーシフト55
協力:えねぱそパートナーズ
[PR]

# by ganpoe | 2012-02-08 14:09 | Social or Economic
2012年 02月 06日

下北沢周辺の小田急線あとちを、みんなの共有の庭、畑、森に!

トランジション世田谷 茶沢会の有志によって考案された提案書です。

e0020865_1984459.jpg


小田急線は、複々線化と、連続立体交差事業を行っています。
梅ヶ丘から代々木上原までの下北沢周辺は、地下化になります。
「小田急線は」と言いましたが、実はこの工事の費用の95%ものお金は、
じつは、世田谷区を初めとする、東京都、国の税金から出ています。

まちのかたちを決める大事な事業で、また、資金も税金、すなわち公共のお金を使っているのだから、
地下化のあとに残る、線路上部の空き地、あとちは周りのみんなで決められます。

というか、決められるように、動いていかないといけない。
小田急線と交差する補助54号線と言う、怪物みたいな大きな道路、
それから、下北沢周辺の地区計画を変更して、60mまでのビルを建てられるようにした
全体の再開発計画もふくめて。

これらをどうやって行っていくか、見直せるところは見直す、
これを今までのように行政任せでなく、
市民、住民、利用者が、ひとつひとつ話し合ったり、工夫していく、
そのプロセスを大事にして、少しずつ自分たちが一番納得いけるものに
していきたいですね。

そのために、自分たちトランジション世田谷 茶沢会の有志で、
提案書をつくりました。

この跡地の近くの羽根木公園というところで「プレイパーク」という活動があります。
30年以上続いている活動で、公園の一角を自由に、大人と子供が一緒になって、
「あそべる場」をつくっていこう、という活動です。

最初に決まりきった整備を行うのではなく、ある場所を確保して、そこで自由に学習しながら、
いろいろと多くの人が関わって、工夫していく「プロセス」、それこそを大事にしたいのです。

あるリーダーが先頭だってあとはついていくだけのようではなく、
何となく、やり過ごしている間に、利害団体がどんどん取り返しのつかないとこまで
作っていってしまうようなかたちでなく(原発みたい)、
住民たちの関わっていくプロセスを大事にすることが、
ほんとうの住民自治につながると思います。

さて、そのプロセスを大事にした上で、なぜ、みんなの共有の庭、畑、森なのか?

それは下北沢周辺のような都市、まちの真ん中でこそ、
自然と人の営みの交わり、循環が学べるからです。

ニューヨークとセントラルパーク、ロンドンとハイドパーク、キューガーデン、
ベルリンとたくさんの市民農園、クラインガルテン。

都市と、共有の庭、畑、森は、人間と自然の根源にある何かを結びつける
役目を果たしているのだと思います。

日本でも、江戸という都市は、世界でもまれに見る緑にあふれた都市だったといいます。
武蔵野の豊かなみどりは、実は、江戸からでてくる堆肥などの循環によって、
できあがったものだといいます。
江戸という都市があったからこそ、武蔵野の緑は生まれたのです。
西欧の都市学者ハワードなどが提唱した「田園都市」というコンセプトは、
実は江戸に習ったものだそうです。

田園都市を下北沢の真ん中にとりもどしたい!
一人一人が交わり、工夫するプロセスのなかで。

e0020865_1984459.jpg
e0020865_1985720.jpg
e0020865_199610.jpg
e0020865_1991989.jpg
e0020865_1993065.jpg
e0020865_1993917.jpg
e0020865_1994893.jpg
e0020865_1995843.jpg
e0020865_19101163.jpg
e0020865_19102015.jpg
e0020865_19103863.jpg

[PR]

# by ganpoe | 2012-02-06 19:16 | Social or Economic
2012年 01月 06日

飯田市訪問

年始を利用して、長野県飯田市に行ってきました。

飯田市は、最近は自然再生エネルギーの取り組みで有名なまちです。
初期費用0円で融資するシステムもあります。

環境エネルギー研究所などのNPO団体と手を組みながら、
まち中の人たちが手づくりで形を作ってきた歴史があります。

NPO南信州おひさま進歩

おひさま進歩エネルギー株式会社


メガソーラー

e0020865_1217282.jpg


すでに色んな情報が出ているし、本などもあるので、
私が追加して言えるはなしは、ないです。

とはいえ、久しぶりに自然の近くに行ったり、
本当に多くの民家の屋根に太陽光パネルが置いてあったりしたのをみたり、
それから、まちのなかに、色んな店や、おしゃれなレストランなんかが並んでいたりするのを見ることができました。

そんなのを見ながら、もしかすると、自然エネルギーというのは、「ネタ」にすぎなくて、
その取り組みをつうじて、街の人たちが、色々と手を組んで、工夫したり、楽しんだりしはじめたことが、
一番大事なことなんではないかなぁ
と思いました。

商業や、お店や、それから農業、教育、福祉、そんなことへの取り組みにも、
自然エネルギーを契機にした動きは大きな力を与え続けているんではないか、と。

株式会社 飯田まちづくりカンパニー

今回は正月に行って、まちの人とあまり話ができなかったので、
ぜひ、またゆっくりと行きたいなと思いました。
とはいえ、個人的には、父親とゆっくり旅をできたのが、色んな意味で良かったです(笑)。

鼎みつば保育園

e0020865_121858.jpg


町中のリンゴ並木など
e0020865_12215535.jpg


e0020865_12315114.jpg


e0020865_12323141.jpg


e0020865_1237842.jpg


e0020865_1228831.jpg

[PR]

# by ganpoe | 2012-01-06 12:37 | Social or Economic
2011年 12月 05日

トランスコミック論文(6)   命がけの交換 & 命がけを避ける方法(国家と資本の癒着など)

「セカイノカラクリ」を説き起こし、「セカイノシュウリ」へ。

トランスコミック論文(5)   資本の動き、止まらない貨幣の自動運動 の続き

以前までで、交換の3種類の説明が大体すみました。

贈与、収奪と再分配、市場交換(貨幣を用いる交換)です。

(全体構成は、こちらへ → 「トランス・コミック」完全版 目次(予定)

いよいよ、この3つの交換が、現代の社会ではどのように組み合わさっているか、この問題の根幹に入ります。
「セカイノカラクリ」の説明がそのまま「セカイノシュウリ」につながるように進めます。
あるいは、「セカイノカラクリ」がこうなっているなら、以前にあったような対抗運動・対抗文化がどこが間違っていたかも明らかになるのではないか、と思います。
カラクリに外れた、あるいは逆に強化するような、運動・文化だったかもしれません。

政治経済学は、例えば社会学などと違って、普通に感じる「現象」とまったく違う姿が見えてくるようなところがあります。
「セカイノカラクリ」は、現象の裏に隠れてうごめいている構造のようなものです。あるいは枠組み、あるいはゲームのルール、あるいは、要するにカラクリ。
カラクリの本質は、感じる現象とまったく逆の方向に動いているかもしれません。

資本という制度の根幹にあるのは、「交換する」ということの難しさがあります。
人と人の間で思いを通じさせることの難しさ、というようなこととつながるのかもしれません。

前書きが長過ぎました。資本制の一番の困難さ、そしてその結果起きてくる問題について、考えてみましょう。


命がけの交換 & 命がけを避ける方法(国家と資本の癒着など)

 お金があると分業が可能になる。

 それは自給自足と異なっている。

 自分の好きな物を、必要なものを、使うだけの量を作る。これが自給自足だ。

 ところが貨幣を得ることを目指す交換を始めると、自分ではなく「他人」のために作るようになる。

 残念ながら、「他人」の好きなもの、必要なもの、必要な量、これは自分のときほど確かでない。

 他人が好きであろうものを、必要であろうものを、使うであろう分の量を予測して作る。

 これが貨幣を伴う市場の交換だ。

 全てが「あろうもの」になり、予測になる。予測はいつもうまく行く訳ではない。

 不安定さの源である。だから、ものを売り、市場で売ろうとするのは「命がけの跳躍」なのだ。
  
 何がニーズか分からない。先に借金・投資して、見込み生産するリスク。それが売れるかどうか分からない。まさに命がけのジャンプのようだ。

 しかし、なんとしても売るためには、必死に他の人の欲しいものを、使用したいものを(ニーズ)、売り手はいつも考えなければならない。ある意味、儲けるという自分勝手な動機のために、他人を思いやる行動をとる。面白い現象だ。だから資本の動きは、人々の物質的生活レベルを上げていく結果になる。

 とはいえ、やはり命がけの跳躍であり、先に借金(投資)するのであるから、とにかく稼いでいかなければ、という資本の運動も始まる。すると、必要も無いものを、マスコミなどを使って宣伝してブームを生んで、売らせる。それが「ニーズ」であるかのように思わせる、という傾向も生まれる。

 そして、売るものはなるべく安い値段で作りたい、買っておきたい。だから「コスト」を少なくしようとする。極端になると、廃棄のことを捨て去って考えようとする。よって公害などが起きる。

 汚染物を自らの金でちゃんと処理するのはコストなので、そのまま垂れ流す−−たとえ、自分たちの行動が多少の社会的害を及ぼそうとも、環境に負荷をあたえたり、長い歴史や文化的価値のある物を壊してしまう可能性があるとしても。あるいは、国家などに押し付ける。

 また例えば、自動車会社は道路が無ければ商売が成り立たないのに、道路を自ら作ってはコストなので、国家・地方自治体が道路を整備する、ということまで起きる。

 そしてまた、労働者への分配をなるべく抑えようという欲望も生まれる。「労働力」だって、それはつまり人間だけれども、商品のひとつだから安く買いたいと思う。

 実は、「売る」のが命がけの跳躍だから、こんな矛盾が出てくる。では、「命がけの跳躍」が無くなれば、つまり、「売る」のが容易になれば、ということは買う側の「リクエスト」に応じて売れば、資本制から来る問題は解決するのではないか。しかし、それを実行するのは簡単でない。リクエストに応じてつくってmade売るsellのは、どうやって出来るか?

 ひとつは受注生産だ。注文を受けてから生産する。しかし、それは商品が実際に届けられるまで時間がかかるとして、他に前もって商品を提供する企業がいたら負けてしまう。

 しかし、資本家や経営者もいつも命がけの跳躍をし続けるのは、危険すぎる。できたら、命がけの跳躍を避けようとする。つまり、確実に「売れる」ようにしたいと考える。

 一番考えやすいのは、税金だ。

 既に述べたように、税金は国家による第2の交換に根ざしている。それは強奪=再分配という交換だから、第3の交換にあるような「命がけの跳躍」を最小限に出来る。税を、金を出さなければ、最終的には牢屋に引っ張ったり、財産を押さえることも出来るから、ある意味最初から「売れている」。

 税金の量が年により多少上下するとはいえ、確実にお金を集められる税金を扱う行政府に何らかの形で取り入れば、確実に納品でき、安心できる。行政府にとっても、税金を使って采配できるのは、自分たちの地位が高く認められることになり、名誉欲を満足させることが出来る。補助金を出したり、財団をつくったり、「天下り」できる。

 社会教育福祉事業、道路事業から原発産業、軍事産業まで、これらを「安定的収入」のもととして、資本家は経営者は確実にキープしようとする。

 癒着が始まる。利権が始まる。

 全く社会的に必要がなくなってきていようとも、社会の必要が変わってこようとも、あるいは、それぞれの行政府の国家の威信を保つためだけの軍事力となってしまおうとも、「命がけ」も「跳躍」も避けたい人々は群がる。

 そして、こんな「命がけの跳躍」が少ない場所で貨幣を伴う交換で利益が出るなら、安心だ。別の場所で「命がけの跳躍」を試みるためにも、確実な売れるところを保証として残したいと考える。

 消費者=買う立場、の人にとっては、実は「貨幣」が無ければ買うことができない、という問題がある。どんなに大事な、必要なもの、サービスであっても、貨幣を持っていなければ、誰も売ってくれないし、作ってもくれないかもしれない。子供、お年寄り、貧困者などのニーズが市場ではかなえにくい。

 有効な需要とは、需要の中でも実際に購買力が伴って「買う」ことができるニーズのことだけである。お金が伴うニーズしか満たそうとしない。

 ほかにも問題はある。たとえば、それぞれの会社(個別資本)に有利なことと社会全体にとって望ましいことが違う(合成の誤謬)。例えば、給料を上げることはその上げられた会社以外の他の全会社・資本にとっては好ましい。というのは、それだけ消費者の購買力が増して、たくさん物を買ってくれるようになるからだ。  

 また、永久に灯る電灯は、電灯会社以外には好ましい。しかし、個別の電灯会社にとっては、それではあらたに電灯を買ってくれなくなってしまうので、好ましくない、だから、資本の論理からのみでは、このような社会的に「良い」現象も起きない。

 それぞれの会社が、または個人が自分たちで気軽に発電できて、それを他の会社に売ったりできれば都合がいい。しかし、発電と送電のネットワークを地域独占している大電気会社がいたとすれば、それは電気を売る唯一の立場から、電気を買う立場に変化する訳だから、それは都合が悪い。

 「情報の共有」は社会全体にとって好ましいが、それぞれの資本制企業にとっては知的財産として利益の源泉なので、企業内に秘匿しようとする。こんなのも、個々の利益と社会の利益が矛盾する現象だ。(合成の誤謬)

(つづく)
[PR]

# by ganpoe | 2011-12-05 23:23 | Social or Economic
2011年 11月 25日

2011年12月4日に下北沢のピュアロード商店街で、フリーマーケット

日曜日、2011年12月4日に下北沢のピュアロード商店街で、フリーマーケットがあります。
これは、もう20年以上も行われている下北沢老舗の(?)フリーマーケットです。

下北沢ピュアロード新栄商店会 下北学芸会の主催で、最初は路上で、舞踏会みたいなことしたいよね、
という話で始まったそうです。

トランジション茶沢会も参加しますよ。自然エネルギーカフェ、やります。
10月の雑居祭りで大きな注目を浴びた手づくり太陽光パネル、また実演します。
太陽の光りの当たり具合がいいといいんだけど・・・
こんどはどんなものを動かせるかな?

e0020865_1365160.jpg


そして、おともだちの飲食店Motherとコラボでジンジャーエールなども提供したいと計画してます。

その他にもたくさんのブースが並び、街がとっても温かい交流の場となります。
とっておきの掘り出し物があるかも?おいしい飲み物や食べ物、ライブなんかもありますよ。
ぜひ来てみてください〜。

また、常連Save the 下北沢もここだけしか買えない、シモキタみやげにバッチシ、な、 Tシャツ販売します。

2011年12月4日(日) 12:00〜18:00
(※雨天の場合、12月11日(日)に延期いたします)
お問い合わせ : ONE LOVE BOOKS 03−3411−8302
場所:下北沢ピュアロード 
http://www.simokitade.com/
地図
http://www.simokitade.com/access.html

e0020865_129425.jpg

[PR]

# by ganpoe | 2011-11-25 01:29 | Social or Economic
2011年 11月 24日

原発の是非に関する都民投票

原発の是非に関する都民投票

いままで、原発の立地予定地のみでしか住民投票はおこなわれてきませんでした。
でも、一番の電気消費地である東京でも原発の是非を多くのみんなの議論で考えていきたいですね。

都議会に条例制定を求める署名を始めます。
すでに、大阪、京都などでも動き始めています。
東京都でも実施したいと思います。
12月1日から開始して、署名期間は2か月です。

法律上、署名を集める資格があるひとを受任者と呼びます。
受任者になると、正式の署名用紙をいただけますので、受任者が多くなると、署名の数も増やすことができます。

細かい内容など、説明会を何回か行います。
世田谷区で行われる説明会を下記に記しました。
ぜひ、お越し下さい。

★下北沢説明会、新たに決定です!

11月27日(日)18:00~
北沢タウンホール11階 研修室1 で行います。

日時:11/27(日) 18:00~20:30
場所:北沢タウンホール11階 研修室1
(世田谷区北沢2-8-18)
主催:直接請求を成功させる会・世田谷
連絡先:
世田谷区豪徳寺1‐20‐7‐101
電話 03-3420-1469 FAX 03-3706-1744

詳細はこちらへ ↓
http://kokumintohyo.com

http://kokumintohyo.com/branch/?p=91
【東京】活動予定
●世田谷区での受任者説明会
日時:11/19(土) 10:00~11:30
場所:三茶キャロットタワー5F セミナールームB
(世田谷区太子堂4-1-1)
主催:直接請求を成功させる会・世田谷
連絡先:
世田谷区豪徳寺1‐20‐7‐101
電話 3420-1469 FAX 3706-1744

●世田谷区での受任者説明会
日時:11/26(土) 10:00~11:30
場所:烏山区民センター 第3会議室
(世田谷区南烏山6-2-19)
主催:直接請求を成功させる会・世田谷
連絡先:
世田谷区豪徳寺1‐20‐7‐101
電話 3420-1469 FAX 3706-1744


【参考記事】
「原発、自分で決めよう」=東京・大阪で住民投票求める―市民団体

2011年11月12日20時6分

 原子力発電所の賛否を問う住民投票を電力の大消費地である東京都と大阪市で実現させようと、市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」(事務局長・今井一さん)は12日、12月1日から署名集めを始めると発表した。会見した俳優の山本太郎さんは「命に関わることは、自分たちで決めよう」と呼び掛けた。

 同団体によると、住民投票の実施に向け、まず東京都と大阪市で有権者の50分の1以上の署名を集める必要がある。東京で約22万人、大阪市で約4万2000人分だ。署名が集まれば、投票のための条例制定を都知事と市長に請求し、議会で条例案が可決されると、住民投票が行われることになる。

 東京では山本さんのほか、福島市で育った元アイドル千葉麗子さんや政治学者、主婦らが条例制定の請求代表者となり、渋谷や新宿の駅前などで署名を呼び掛ける。大阪市の代表者は今井さんらが務める。

[時事通信社]

http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201111120091.html


「原発、自分で決めよう」=市民団体

原子力発電所の賛否を問う住民投票を東京都と大阪市で実現させようと、市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」は12日、12月1日から署名集めを始めると発表した。左手前は今井一事務局長。
【時事通信社】
http://www.jiji.com/jc/p?id=20111112203915-1753526&n=1


山本太郎、同居の母も共に戦う!千葉麗子も12歳の息子と戦う!リスクは覚悟の上!原発国民投票、条例制定活動開始!

2011年11月12日 22時26分

「原発」都民・市民投票実施に必要な条例制定を首長に求める直接請求代表者となることを宣言した山本太郎

 [シネマトゥデイ映画ニュース]
市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」が12月1日から東京都と大阪市で開始する「原発」都民・市民投票実施に必要な条例制定を首長に求める直接請求署名活動を前に、12日、東京・水道橋YMCAアジア青少年センターで決起集会を行った。会場には東京の請求代表者を務める俳優・山本太郎や小林聖太郎監督、元タレントでヨガ・インストラクターの千葉麗子ら約300人が集結した。

 同グループは福島第一原発事故以降の脱原発・反原発の運動が高まる中、原発の未来をどうするか?
という判断を、電気の大量消費者である国民自らが決定権を持つべきだとして、ジャーナリストの今井一を事務局長に今年6月に発足。インターネットなどを通して賛同者を募り、着々と準備を進めてきた。

そんな中この日は、住民投票実施の第一歩である条例案と請求の趣旨、請求代表者が確定したことを報告。ただし請求代表者は自宅の住所を書類に明記して選挙管理委員会に提出しなければならないことから、著名人である山本太郎はサポーターとして活動の顔役になってもらうことを考えていたようだ。

 しかしこの日、山本自ら「ちょっと待った!
確かに先日その話を聞いて、マンションの部屋番号まで表示しなければならない事にビックリしましたよ。僕は今、一人で暮らしているのではなく、母もいますからね。そこにややこしい人が来る可能性もあるじゃないですか。でも、母に告げたら『そりゃ、やるしかないやろ』と言われました」とリスクを覚悟の上で請求代表者となることを宣言。同じく、請求代表者となる千葉も「私は何も隠すことがないから、12歳の息子と戦います。全然OK!」と元気に決意を表明をした。

 今後の流れとして、署名を集める受任者やサポーターを募る一方で、必要書類を選挙管理委員会に提出。12月1日から街頭などで署名活動を行い、約2週間で有権者数の50万の1以上の署名(東京で約22万人以上、大阪で約4万5,000人以上)を集めることになる。その後も、選挙管理委員会の審査や、都議会・市議会での審議など、住民投票実施までには難関が待ち受けている。中でも、同グループが提出予定の「国民投票の実施手続市民案」では投票権のB案として「年齢十六年以上の日本国民および永住外国人は、国民投票の投票権を有する」と記していることから、この日行われた記者会見では「都議会で条例案が審議される場合、原発の問題以外のこの部分で、議員側と摩擦を起こすのではないか?」との指摘もあった。しかし今井は「私たちが理想とする条例案を書き込んだだけであって、最初から妥協するような条例案を作るつもりはなかった。実際、永住外国人に投票権を与えているところはあるし、長野県平岩村では15歳以上を認めた例もある。もし、これがダメで(国民投票を)否決して、都民が決めるのがダメだというのなら、誰が(原発問題を)決めればいいのかハッキリ言って欲しい」とヒートアップ。その白熱する議論をなだめるかのように小林監督は「この(住民投票が)可決されるか否かを見守るのも意義があるが、その前に、署名をする・しないで話し合うことにも意義がある。それが民主主義だと思う」と参加者に語りかけた。

 また会には、2000年に徳島・吉野川第十堰可動化計画の賛否を問う住民投票が行われた際、住民投票の会の代表世話人を務めた住友達也や、佐賀・玄海原発プルサーマル計画導入を巡って同じく住民投票に持ち込んだ「NO!プルサーマル佐賀ん会」共同代表の満岡聡ら“先輩“たちが応援に駆けつけた。さらにこの日の最年少参加者である15歳の青年がマイクを握り「原発を巡っては、たくさんのお母さんが『子供が大変だ』と訴えているけど、当の子供たちが声をあげてない。そこで僕は、子供が声をあげるべきだと思い、ここに来ました。僕達を(運動に)使って下さい。一緒に日本を変えましょう!」と大人顔負けのスピーチで盛り上げる一幕もあった。

(取材・文:中山治美)

http://www.cinematoday.jp/page/N0036931
[PR]

# by ganpoe | 2011-11-24 14:42 | Social or Economic
2011年 11月 23日

エネシフト塾 「依存するエネルギー社会からシフトする!ローカルでいこう!」

エネシフト塾
「依存するエネルギー社会からシフトする!ローカルでいこう!」

◆2011年12月6日(火) 19時開始
◆場所:三軒茶屋ふろむあ~すカフェ・オハナ
http://www.cafe-ohana.com/access.html

◆参加費:500円+ワンオーダー
東北大震災被災地自然エネルギー支援プロジェクト「つながり・ぬくもりプロジェクト」への寄付金の呼びかけもさせて頂きます。

e0020865_2311383.jpg


 「エネルギーシフト」は、電源種が変わるという事だけでなく、エネルギーを消費するしくみや社会の在り方、わたしたち自身の在り方までがシフトすることを伴います。どんなイメージで、どんなプロセスでシフトしていきますか?スピーカーのお二人から「自然エネルギーにシフトした地域」、「原発のある社会から変わろうとする地域」の現場のお話を。そして未来の地域とエネルギー社会のイメージをシェアしてみませんか。

◆タイムスケジュール
19時開始
19:00~19:45(45分間) 古屋将太さん 「世田谷からはじめる自然エネルギー」地域の自然エネルギー利用の事例紹介など。
19:50~20:35(45分間) 冨田貴史さん 「エネルギー消費者を卒業する」御前崎、若狭、福島、上関、大間、串間の原発立地あるいは立地候補地域の声。
20:40~20:50(10分間) グループシェアリング
20:50~21:30くらい(40分間程度) クロストーク 進行:冨田さん。古屋さん、参加者様と。

◆ご予約
ふろむあ~すカフェ・オハナ
電話 03-5433-8787(木曜定休)
http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php

◆スピーカープロフィール
<古屋将太さん>環境エネルギー政策研究所(ISEP)研究員
1982年生。国内外の自然エネルギー推進に関わる取り組みを研究、また、ISEPの活動を通じて国内での実践に取り組む。同研究所には大学院修士課程在籍時からインターンとして活動に参加。デンマーク・オールボー大学大学院のPhDプログラムに所属。専門は、地域の自然エネルギーを軸とした環境エネルギー社会論。アカデミックジャーナル・シドノス(http://synodos.livedoor.biz/archives/cat_62833.html)で「環境エネルギー社会への想像力と実践」連載中。
<冨田貴史さん>
1976年千葉県出身。京都府在住。鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』を携えて少人数で語り合う上映会を全国120か所で開催。エネルギー、お金、暦の未来について語り合うワークショップのファシリテーター。現在、全国で公開中の映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の広報・宣伝も務める。原子力、核による放射能汚染、被ばく、それらが持ち込まれることによって起こるあらゆるトラブルの解決を願うブログ【RadioActive】で情報発信中。著書に『わたしにつながるいのちのために』。「エネルギーシフトを考えるデータバンク」発案人。


◆提供は
エネルギーシフトを考えるデータバンク
トランジション世田谷 茶沢会
ふろむあ~すカフェ・オハナ

【ご案内】署名集約中!2012年1月末まで 「エネルギー基本計画を変えよう!」呼びかけ:WWF JAPAN
http://www.wwf.or.jp/activities/2011/05/986120.html#120
[PR]

# by ganpoe | 2011-11-23 23:11 | Social or Economic
2011年 11月 21日

トランス・コミック論文 (23?) 都市と農村

トランス・コミック論文 (22?)「生の地域」—内発的な地域と外部からの開発  の続き

ちょっと思うところあり、また飛んで、ほとんど最終章に近い、都市と農村論を上げます。
この辺は自分の恩師である中村剛治郎先生の影響が大変強いです。

全体構成は、こちらへ → 「トランス・コミック」完全版 目次(予定)


都市と農村

 さて、「生の地域」を考えるときに、地域には大きく分けて三つあるということを考えたい。一つは「野生」の地域だ。これは名の通り、海や山奥や原野など人の手がまったく、あるいはほとんど入ってない地域だ。次に「農村」が考えられる。これは農業、漁業、林業、放牧地、原料発掘地など、おもに1)2)の交換物をつくるところである。さらに「都市」がある。

 「野生」の地を開拓して「農村」にし、さらにそこでの生産力の上昇が「都市」の発展につながる、それこそが近代化であり、成長である、と間違った考え方が続いてきた。

 実際は歴史的に見ても、この3カ所は並列的に出てきているともいえるし(野生の地も、人間社会がなければ見出されないし、実際は人間が入って開墾されて廃れた結果、現在「野生」となっている地域もある)、今後の課題としても、この三つがきちんとした関係に立って、それぞれの独自性が生かされていかなければいけない。

 「農村」と「都市」は共存関係にある。農村から都市に、食糧や原材料、そして労働力も与えられるだろう、それは都市にすむ人たちに取っての余暇の地であり、自然とふれあう人間性回復の場でもあり、都市が壊しやすい自然という環境を保ち、自然と社会を再生可能にしてくれる場所でもある。

 逆に、都市から農村に、肥料や農機具や、各種の工業製品から教育や都市的な娯楽を与えられるだろう。様々な利便や農村にはない職業の場を提供したり、金融や法務などの専門的なサービスも提供する。農村にはない「自由」を与えるかもしれないし、農村は都市に薄れがちな「つながり」を与えるかもしれない。

 このためには、都市と農村はお互いに近くにあるべきだし、簡単に行き来できる範囲で、活きのいい都市と農村がある方がいい。大都市と郊外にドンドン広がっていく住宅地の開発によって、遠くの安い農産物を買うだけの市場と化す都市、そしてそこに農産物などの商品を提供するだけの農村、都市の過密化と農村の過疎化、という近代の成長の仕方は、そのような中小都市と農村の近接性を壊してきた。

 たとえば、集中した国家の構造があるような場所だと、農業生産物などの消費地が一カ所に集まってしまうことになる。そこから遠くはなれた地域も、あまり消費量がない近くの中小都市より、その中心の巨大都市への輸出を考える。そうすると、まず、他の農村との競争になるから、その農村はひとつの産物に集中して消費価値を上げようとする。ひとつのものだけをつくることをモノカルチャーという。無駄な長距離輸送が無駄なエネルギーや水資源をつかうようになる。

 農地が減少し、生産力を急激に強めようして使う化学肥料や薬品や遺伝子組み換え植物によって、土壌の力は弱まってきた。水資源も不足しだす。農薬などに利益を見出した世界的な企業の圧力も出てくる。3)の工業生産とは大きく違う、本来地域的である農産物にまで、自由貿易の圧力と企業化の流れが襲いだす。これが帰結するところは、自然と人間の物質的交換のバランスが崩れた、持続再生不可能な世界だろう。

 多品種でそれぞれの地域に根ざした在来種は、様々な病害や危機を生き抜いてきた種であるし、地域の他の植物や土壌や虫や蜂や鳥などとの多様で有機的な関係をつくり続けていて、地域全体の自然の維持に役立つ。しかし、効率優先で多収穫のみを求めた品種改良を行った単品の栽培が進むと、病害や気候の変化がその単品種に悪い場合、一気に不作になるだろう。多品種であれば、ある危機にも多くの他の種が残ることができる。

 そのような中で、若者や定年後の人たちの間で、自然や様々ないのちと一体化して、例えば有機/自然農法を行いたい、それも単に農産物を納品するのではなくて、インターネットやマーケティングやデザインなど、つまり都市で学んだ色んな技術や感覚やつながりも活用して、農業を複合的に経営したいという人が増えてきている。このようなことを希望する人たちにどうやって農業に従事できるような機会を、制度を与えることが出来るか。これが農村と都市の関係での新しい動きであり、課題である。

 これは農業を企業化したり、逆にアンチ都市で安易なエコロジスト的な農本主義で行えることではないだろう。制度的な面も含めた実際的で、農村の維持や持続可能性を色々な技術の考慮も含めながら、どうやって新たな「都市と農村の関係」をつくれるか、という視点が必要だ。つまり「都市」的だけであってもダメで「農村」的だけであってもダメだ。都市と農村の「関係」こそが大事な視点。

 そのために、例えば、上に述べたような近接した中小都市とその周りの農村の関係がまず見直されなければならない。例えば、農村にいながらも都市の職場に通って、その日に帰られるようならば、あるいは、都市に住みながら、週末や終業後にふらっと寄れる農村/農地があったらどうだろうか。農村と都市がそれぞれの独自性を生かしながら、しかし、日々お互いの弱点も補え合えるようなそんな助け合い、強め合う関係だ。

 そして、山林も重要だ。それは材木を用意するというだけでなくて、その維持は水源の水をきれいに保つし、洪水対策にもなる。間伐材などをきちんと集めることが出来れば、バイオマスなどの再生可能エネルギーをつくり出すことにもつながる。

 実は、農村だけでなくて、都市のなかに農村を呼び込むのも大きな意義がある。例えば、公園、ちょっとした広場、屋上、壁面、そんなところにちょっとした畑や果樹園をつくったり、ミツバチを飼ったりということが盛んに進められている。ベランダ菜園も盛んだ。小さな規模なら有機農業を行うのも、そこまで困難ではなく、その新鮮で栄誉度の高いうまさを味わうことも可能だ。

 都市の消費地、それは家庭だけでなくて、学校や会社の昼食など含め、そんな場所が近くにあれば、有機農業の新鮮さも保たれる。余計な輸送エネルギーをつかうこともない。

 都市に農業地が多くなることで、ヒートアイランド現象も是正され、省エネルギーにその面でもつながるだろう。農園を軸にして、新しいコミュニティが生まれ、そこで新たな人的、文化的、経済的交流が起こることもあろう。そこでは、贈り物の交換に根ざした、基本的生存権の確保と、心の満足が得られるかもしれない。

 都市の農村化はだから、いろいろな可能性を秘めている。
[PR]

# by ganpoe | 2011-11-21 00:18 | Social or Economic
2011年 11月 01日

トランスコミック論文(5)   資本の動き、止まらない貨幣の自動運動

トランスコミック論文(4)  2.商品交換(貨幣を伴う交換)」 の続き


資本の動き、止まらない貨幣の自動運動

 しかし、貨幣以外の他の普通の商品を売る立場にあるひとにも、ひとつの強みがある。それは自分が提供する「商品」の内容を、情報を持っているということだ。

 それがどんな価値があるか、どんな風に作られているか、そして、どうやってたくさん価値があるかのように見せかけるか、そんな情報を他の商品を売る立場の人は持っている。だから、うまくたくさんの貨幣と交換できたら、実はそれを手に入れたコストよりたくさんの貨幣商品を手に入れられることになる。

 それが「もうけ」だ。

 そしてその「もうけ」をどんどん追求しようとする動き、それば資本の動きなのだ。

 資本はお金のこと。投資できるお金のこと・・・。いや、単なるお金とは違う。それは動き続け、貨幣、他の商品、貨幣、他の商品、と形を変えていくお金の運動。そのなかで、どんどん貨幣価値を増やしていく。図に表してみるとこうなる。

① ものをつくる -(売る)→ 金になる=その金を使って人のつくったものを買う -(消費)→ (ふたたび)つくる

 ところが、この流れではいつまでたっても、同じ状態にとどまっただけ。つまり、成長がない。成長させるためには、買ったものをそれより高い値段で売る必要がある。

 つまり、こうなる・・・

② 金 -(買う:投資)→ もの -(売る:販売)→ 最初よりたくさんの金

 買った値段より高い値段で売る。その金でさらに投資する。
 でもどうやって、買った値段より高く売れるのだろう?

 秘密は、まず、分業 にある。

 物々交換では、交換するどちらの人たちも同時に売って買っている。というか、そもそも「売る」「買う」というコンセプトがなくて、二人が同時に贈り物を交換する。

 貨幣を伴う交換では、売る(人)と買う(人)が分かれる。つまり、作る人と使う人が分かれる。作る人は、得意な商品に集中して、それ以外のものは交換して得た貨幣で、他の人から買えばよくなる。そんなことが貨幣を伴う交換では可能になる。

 つまり、分業だ。

 ある人がある商品を買いたいと考える。その商品が自分のそばの市場に無いとする。遠くの市場まで行くのは面倒なので、他の人が運んできてくれた商品を買う。その便宜を図ったということで、値段を上乗せにして売ってみることができる。

 あるいは、欲しいものを自分では作れないので、特別な技術を用いて作られた商品を買うということもある。その技術を持っている人、新しく発明した人、などはその分値段を上乗せにして売ってみることができる。

 あるいは、さらに、同じ商品を普通の人が作るより安いコストで作れば、同じ値段で売っても、その分、儲けることができる。

 もう一つ。商品の中には、「サービス」がある。そして「労働力」がある。人間の労働力が「商品」になるのだ。

 そこで、事業を始めようとする商人/支配人は、そんな「労働力商品」を売ろうとする人、労働者を雇って、いろいろな作業をしてもらう。そんな「商品」に支払う対価を、つまり賃金を、作業をしてもらう前に契約して決めておく。

 その作業の結果、できた商品がうまく売れて、うまく儲かったとしよう。しかし、雇い主の商人/支配人にとっては、以前に対価として定めた賃金しか支払う義務がない。儲かった分を、それに合わせて労働者に分配する必要は無い。つまり支払うべきすべての賃金と、実際に儲かった金との差額は、雇い主にとってのもうけとなる。

 ただし、儲かった金が少なくなれば、赤字となる。雇い主はこういうリスクを負う。リスクはあるが、もしうまく行けばたくさんお金を得られるだろうとおもい、商人は果敢に挑戦していく。市場での命がけの跳躍を。

 そして実際に成功する商人がたくさん出て、失敗した商人や雇われる労働者などの間で、どんどん貧富の差が広がってくるだろう。この貧富の差を多くのひとが嫌悪するので、古来、商人は国家や農村の長たちにやみ嫌われた。だから、長い間、商人たちが社会を支配する「資本主義」の世の中は起きてこなかったのだ。

 さて、雇われた労働者は商人の商売が赤字だと、激しく働かされることになる。運が悪ければ、まっさきに解雇されてしまう。こういうリスクが労働者にはある。

 だから、労働者が「労働力」を売るのも、やはり「命がけの跳躍」だ。それは売る立場=弱い立場だから。商人/支配人が労働力商品に興味が無くなれば、買い続ける必要は無い。あらたに、就職活動を開始しても「売る立場」だから、それは厳しく、哀しいものだ。

 そのリスクを冒す対価として労働者は、普段は安定した収入を得ることができる。商人が市場での不安定な儲けにかけざるを得ないのに対して。

 しかし、雇い主の商人がどんなに儲かっても、労働者が賃金以上のお金を得られる可能性は少ない。いろいろな賞与がつく場合もあるが、それはまたあとで考えよう。

 さて、交換がうまく行ってお金が儲かったとしても、そのお金を全部消費してしまったら、手元にはお金が残らないことになる。そうすると新たに投資することができない。

 お金を内部で残しておくために(内部留保)、儲けたお金をため込む。しかし、もう一度② の式を見ると、貯め込む前に最初に、お金から始まっていることが分かる。

② 金 -(投資)→ もの -(販売)→ 最初よりたくさんの金

 最初に金が必要になる。投資資金として。要するに「先立つもの」がないと・・・ でも、最初にお金が必要ということは、最初にそれだけ借金をしている、ということになる。

 その借金分を返すために、さらにたくさん稼ごうという動きが止まらなくなる。

 止まらなくなっていく、このお金の動き、資本の動き「止まらない運動」。どこかに貯まっているのではなく、動いているもの。

 資本は単純にお金のことではない。増やさないことにはすべてを失うゲーム。誰かがリタイアしたって、ほかの人がそれを受け継いで、資本のゲームは続く。


 お金稼ぎをしたい、という自らの意思でやっていたはずの人間が、逆にお金に振り回されるようになる。

 こうやって、販売する時には、たくさん売って、それも安いコストで作って、利益を出し、その増えた利益分でさらにたくさん作って売る、あるいは改造して質を良くしていく・・・という資本の動きが始まる。

 大量販売。その為に大量生産、・・・大量投資が必要になる。

 その裏側にあるのが、大量消費と大量廃棄、そして大量エネルギー消費だ。

 人間の暮らしや遊びや憩いに役立っていたものも、お金に振り回され、破壊され、改造され、組み替えられていく。川は汚され、森は倒される・・・

 しかし、何事も社会全体の生産を「効率化」させるためだ!


 確かに資本の動きはたくさんの悲惨な現象を起こしたけど、資本の運動にも役割があった。資本の運動は、確かに、社会全体を効率化させ、組み替え、そして成長させてきた。

 この成長は、それぞれの人間の「思い」だけではおきなかったことだ。「資本」という得体の知れない自動運動機械が、人間たちを振り回すことによって起こしたことだ。

 そう、もし資本がなかったら、われわれは未だに、暴力で得た地位を振りかざす侍たち(封建領主)に支配されたり、村八分で取り締まる古臭い農村共同体に縛られていただろう。

 贈り物の交換は親密さを作りながら、因習の縛り付けも伴う。

 暴力による収奪と再分け合いは、社会の協同的事業を進めるが、支配を伴う。

 市場における貨幣を伴う交換は、「資本」の動きを伴い、人間や自然を振り回すが、同時にそれは人間たちを自由にしてきた基本でもあった。

 少なくとも、法律の上では、われわれは自由に契約することができるようになった。自由契約のもとで、われわれは自分の私的な財産を持つことができる。この私的財産は、我々を自由にする第一歩だ。私的財産をたくさん持っている人は、それだけ力を持ち、それを消費していけば、全てのことを他人に従わなくても、生きていける。選択の幅が広がるので、それは自由への道の第一歩である。

 しかし、社会全体としては、「資本の動き」に支配されている。自由になっていく人間たちがどうやって、この資本の勝手な動きを調整できるようになっていくのか、これが我々の課題だ。


トランスコミック論文(6)   命がけの交換 & 命がけを避ける方法(国家と資本の癒着など)
[PR]

# by ganpoe | 2011-11-01 23:52 | Social or Economic